ニュース

BiS、横浜アリーナでの解散ライヴ開催を発表

BiS   2014/02/13 15:25掲載
はてなブックマークに追加
 1月にリリースの最新シングル「STUPiG」が好評、車中泊DIY全国ツアー〈BiS after all〉も2月11日の宮城・仙台公演をもって一波乱ありつつ無事終了。3月5日(水)にはラスト・アルバム『WHO KiLLED IDOL?』のリリースを控え、解散に向けてひた走るヘレティック・アイドル集団“BiS”。彼女たちが2月12日、東京・新宿ステーションスクエアにてフリー・ライヴ〈伝えたいことがあるんだ〉を開催、同ステージ上にて重大発表を行ないました。

 平日の夕方にも関わらず1,000人ものファンが集結する中で発表されたのは、ついに決定した解散ライヴの日程と開催地。東京・日本武道館での解散を最終ミッションとして掲げていたBiSですが、これまでの活動に伴う諸般の事情により同地での公演を断念(公式発表: www.brandnewidolsociety.org/live/lastlive.html)。タイトルを〈BiSなりの武道館〉とし、7月8日(火)神奈川・横浜アリーナにて解散ライヴを行なうことに。発表を終えたBiSはミニ・ライヴをスタートしたものの、混雑のためパフォーマンスは2曲に止まり、会場を後にしました。

 解散ライヴのチケットは「超絶プレミアムチケット」(税込100,000円)、「ゴールドチケット」(税込15,000円)、「一般チケット」(税込6,000円)の全3種。ロ−ソンチケット(l-tike.com/bishpsp)での抽選予約が2月24日(月)12:00よりスタートとなりますので、詳細(www.brandnewidolsociety.org/live/lastlive2.html)をご確認の上、お買い逃しなく。

クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます
クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます

[BiS武道館公演断念についての公式文言]
BiSは日本武道館で解散することを目標に動き、主催者(ニッポン放送)と話し合いを重ねてきましたが、BiSの今までの活動により武道館公演を断念する結果となってしまいました。
今まで応援してくださった関係者、研究員の皆様には期待を裏切る結果となってしまい、残念に思っております。
が、BiSなりの武道館として、横浜アリーナにて解散とさせて頂きます。


BiS解散ライヴ
「BiSなりの武道館」

www.brandnewidolsociety.org/live/lastlive2.html

2014年7月8日(火)
神奈川 横浜アリーナ
開場 15:30 / 開演 17:30

[チケット]

・超絶プレミアムチケット 100,000円(税込)
※限定100枚
※解散ライブ後の1時間のミート&グリート付きTシャツチケット / メンバー全員サイン入りアリーナ特別Tシャツ1枚及び通常アリーナ特別Tシャツ2枚 / ダウンロード・ライヴ音源付き


・ゴールドチケット 15,000円(税込)
※アリーナ特別Tシャツ1枚 / ダウンロード全編ライヴ音源付

・一般チケット 6,000円(税込)

※3歳以上有料
※ミート&グリート終了時間は未定となっております。お帰りの電車等の時間はご自身でご確認ください。終電等に間に合わなかった場合の責任は負いかねます。
※Tシャツは会場でのお渡しとなります。
※公演会場は、横浜アリーナとなります。お間違いないようお気を付けください。


※お問い合わせ: KM MUSIC 045-201-9999

[抽選予約]
l-tike.com/bishpsp

一次抽選受付期間: 2014年2月24日(月)12:00〜3月4日(火)23:00
一次当選落選確認期間・チケット引換期間: 2014年3月6日(木)15:00〜8日(土)23:00

※お問い合わせ: ローソンチケットインフォメーション 0570-000-777
営業時間: 10:00〜20:00
自動音声のご案内の後にオペレーターへ電話をおつなぎします。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015