ニュース

ブライアン・ジョーンズのドキュメンタリー『Rolling Stone ブライアン・ジョーンズの生と死』来春公開

ブライアン・ジョーンズ   2023/12/05 12:37掲載
はてなブックマークに追加
ブライアン・ジョーンズのドキュメンタリー『Rolling Stone ブライアン・ジョーンズの生と死』来春公開
 ザ・ローリング・ストーンズの創始者で初代リーダー、ブライアン・ジョーンズのドキュメンタリー映画『Rolling Stone ブライアン・ジョーンズの生と死』が、2024年1月27日(土)より東京・新宿K’s cinemaでの都内独占上映を皮切りに順次全国公開が決定。あわせて、日本版ヴィジュアルが公開されています。

 本作では、稀代の世界的ロック・バンド“ザ・ローリング・ストーンズ”の創始者で初代リーダー、ブライアン・ジョーンズの僅か27歳で終えた彼の波乱に満ちた生涯、そして謎に満ちた死について関係者の証言をもとに紐解いていきます。

 1960年代半ば、ザ・ローリング・ストーンズの初代リーダーとしてバンドとともにブリティッシュ・ロック・シーンを駆け上り、トップ女優アニタ・パレンバーグとの交際で注目され、スウィンギン・ロンドンを象徴する存在の一人として燦然たる地位を確率したブライアン・ジョーンズ。しかし、彼の行き過ぎたライフ・スタイルと悪評がその後の人生を狂わせていきます。

 1967年、シーンがドラッグに蝕まれはじめると彼もその闇に溺れていきます。当局とメディアから格好のターゲットとして追われ、ブライアンは暴走、結果ストーンズとしての威厳もアニタも失うこととなります。2年後、彼は自宅のプールの底で発見され、検視結果は「不慮の事故による死」。若き彼の死はその後の“27クラブ”の嚆矢となります。

 没後から現在まで、彼の死は他殺によるもので、その真実は隠ぺいされたのだという陰謀説が数多く浮上しています。そして、そういった説を証明する数々の証拠も見つかっています。本作でもまた、生前のブライアンをよく知る人物たちの声により、その疑惑を掘り下げていきます。監督は音楽ドキュメンタリーの名手ダニー・ガルシアが務めます。

拡大表示


拡大表示


拡大表示

©Chip Baker Films

『Rolling Stone ブライアン・ジョーンズの生と死』
2024年1月27日(土)東京 新宿K’s cinemaにて都内独占上映、順次全国公開
curiouscope.co.jp/brian
配給・宣伝: CURIOUSCOPE
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 文坂なの [インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル
[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ![インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー!
[インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音
[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来
[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作
[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015