ニュース

Buffalo Daughter、豪華ゲストを迎えたツアー〈25+1 Party〉がスタート

バッファロー・ドーター   2019/06/04 15:40掲載
はてなブックマークに追加
Buffalo Daughter、豪華ゲストを迎えたツアー〈25+1 Party〉がスタート
 Buffalo DaughterがV2レコーズ在籍時に発表したアルバム『Pshychic』(2003年)と『Euphorica』(2006年)がアナログ盤で発売されたのを記念して、この2枚のアルバムを全曲再現するツアー〈25+1 Party〉が5月30日(木)の東京・恵比寿 LIQUIDROOM公演からスタート。本公演には、ゲストとして中村達也小山田圭吾菊地成孔AAAMYYYTempalay)、SASUKEが登場。満員の客席を盛り上げました。

 ツアーはこの後、6月14日(金)兵庫・神戸 VARIT(ゲスト: 和田晋侍〈DMBQ巨人ゆえにデカい〉)、6月15日(土)京都・CLUB METRO(ゲスト: 山本精一)、6月29日(土)福岡・北九州 小倉FUSE(Opening DJ: 常磐 響)の3公演を開催。いずれの公演もチケットは発売中です。

 また、会場オープニングBGMのプレイリスト〈Buffalo Daughter “25+1 Party” opening BGM〉がSPOTIFYにて公開されています。カン、ノイ!、ジェイムス・ブラウン、ハリー・ニルソンなど、結成25周年を振り返るゆかりの深い楽曲が選曲されています。

拡大表示拡大表示拡大表示

[ライヴ・レポート]
 Buffalo Daughter が2003年にリリースした4作目のアルバム『Pshychic』と、2006年の5作目『Euphorica』の初アナログ化と結成25+1年を祝福し、この2タイトルを全曲再現するスペシャル・ライヴ・ツアーを行なっている。初日5月30日の恵比寿LIQUIDROOMでは豪華なゲストと共に満杯のオーディエンスを楽しませた。

 拍手に迎えられステージに現れたシュガー吉永(g、vo他)、大野由美子(b、vo他)、山本ムーグ(ターンテーブル、vo)は、サポートメンバーの松下敦(ds)、奥村建(コンピュータ他)とともに、2タイトルの曲を取り交ぜて構成し新曲も加えた全16曲を、2部構成で演奏。タイトな演奏でおおらかなサウンドスケープを作り出す、彼らならではのライヴ空間がたちまちのうちにオーディエンスを包み込んだ。

 前半のゲストは、「Lost Guitar」「Bird Song」にシンガー・ソングライター&トラックメイカーAAAMYYY(Tempalay)、「Elephante Marinos」で登場したのは、16歳のトラックメイカーSASUKE。海外からも注目され、この曲の最新リミックス・ヴァージョンを手がけている。無邪気にダンスも披露したSASUKEにシュガーが「踊れるっていいね。ムーンウォーク教えてもらったんだ」と感心した後に、緊張感のある新曲「Don't Punk Out」を披露。

拡大表示拡大表示

 濃厚な演奏に酔わせた「Cyclic」から休憩を挟んでの後半は、「Winter Song」にギターで小山田圭吾、「Mutating」にドラムで中村達也が参加。中村のダイナミックなドラミングはBuffalo Daughterの曲を別物のように響かせ、中村と対峙するようにシャウトするムーグに歓声が起こった。「Deo Volente」で中村とともにサックスで参加した菊地成孔も然り。フリーフォームのブロウとドラムの呼応は、クールなBuffalo Daughterサウンドを有機的に揺らしてみせた。本編最後は菊地のプレイがメインになったと言ってもいい「303Live」。スリリングな演奏に圧倒された。アンコールの「Psychic A Go-Go」で小山田が再び参加し、多幸感のあるサウンドでフィナーレへ。多彩なゲストと共に見せた今までにないBuffalo Daughterに、さらなる可能性を感じた貴重なライヴだった。


拡大表示拡大表示

文: 今井智子

Buffalo Daughter official site
buffalodaughter.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015