ニュース

バターリング・トリオのリジョイサーがソロで来日公演を開催

バターリング・トリオ(BUTTERING TRIO)   2019/02/08 12:16掲載
はてなブックマークに追加
バターリング・トリオのリジョイサーがソロで来日公演を開催
 昨年の来日公演が話題を呼んだイスラエル・テルアビブの新世代フューチャー・ソウル・ユニット、バターリング・トリオの中心メンバーであり、イスラエル・ビートシーンの重要レーベル「Raw Tapes」を主宰するリジョイサー(REJOICER)のソロ・ライヴが決定。2月10日(日)に兵庫・神戸 troopcafe、2月11日(月・祝)に大阪・本町 INC & SONS、2月12日(火)と13日(水)に東京・恵比寿 BATICAにて来日公演を行ないます。

 ビート・ミュージックとジャズの新たなシーンを作り出したリジョイサーことユヴィ(ユヴァル)・ハヴキンは、英ロンドン生まれ。イスラエル・テルアビブの音楽一家で育ち、ジャズをはじめ多くのミュージシャンを輩出している名門テルマ・イエリン芸術学校で音楽を学ぶ一方で、ビート・メイキングも進めてきました。独ベルリンで暮らしていたほか、米ロサンゼルスに頻繁に出向くなど、グローバルなシーンで交流を築いています。

 自身のレーベルからバターリング・トリオのアルバムをリリースした後、2018年にソロ・アルバム『Energy Dreams』をLAを代表するレーベル「Stones Throw」からリリース。同作では浮遊感あるビートを基調にしながら、ベースやギター、キーボード、パーカションなど様々な楽器を重ねて、サイケデリックでドリーミーな世界を提示。独特のメロディ・センスで、壮大なサウンド・スケープを形成しています。また、プロデューサーとしても活動し、ベース奏者アヴィシャイ・コーエンとの共演で知られるニタイ・ハーシュコヴィッツのソロ・アルバム『アイ・アスクド・ユー・ア・クエスチョン』『ニュー・プレイス・オールウェイズ』や、自身もメンバーを務めるユニット、タイム・グルーヴのアルバム『モア・ザン・ワン・シング』などを手がけています。

 本公演では、アルバムのアートワークやミュージック・ビデオを手掛けた盟友Jengoが帯同。映像も交えたライヴ・セットを披露します。詳細は各会場のウェブ・サイトでご確認ください。



Rejoicer JAPAN TOUR 2019

2月10日(日)
兵庫 神戸 troopcafe
23:00
troopcafe.jp/music-program/1686

2月11日(月・祝)
大阪 本町 INC & SONS
開場 17:00 / 開演 18:00
www.inc-sons.com

2月12日(火)
東京 恵比寿 BATICA
day 1 : Rejoicer & Keys set
開場 18:00 / 開演 18:30
www.batica.jp/schedule/rejoicer-japan-tour

2月13日(水)
東京 恵比寿 BATICA
day 2 : Rejoicer & Beats set
開場 18:00 / 開演 18:30
www.batica.jp/schedule/rejoicer-japan-tour
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015