ニュース

“チャリ坊”ことチャーリー・セクストン、お久しぶりのソロ名義音源を日本発売!

チャーリー・セクストン(CHARLIE SEXTON)   2007/06/13掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 80年代、エキゾチックでキュートなルックスでアイドル的人気を誇ったチャーリー・セクストンが、およそ10年ぶりとなるソロ名義での新作『明日への轍』(SICP-1448 \2,520(税込))を7月18日に発売します。(海外ではすでに発売されています)
 日本では“チャリ坊”とのニック・ネームで愛されていましたが、“弱冠16歳の実力派ギタリスト”としてシーンを歩くはずだった彼は残念ながら正当な評価を受けることなく……。しかしながらボブ・ディランのバック・バンド・メンバーをつとめたり、バンド“アーク・エンジェルズ”、“チャーリー・セクストン・セクステット”としても活躍、地道に活動を続けていました。満を持してリリースされるこの日本盤には85年の大ヒット・アルバム『ピクチャーズ・フォー・プレジャー』のオープニング・トラック「インプレスト」をピアノ弾き語りでせつなく、38歳の男性の魅力をふりまきながら歌うなど、当時のファンをも魅了する傑作アルバムになっているとか。


2007年7月18日発売
チャーリー・セクストン/明日への轍
SICP-1448 \2,520(税込)
01.ゴスペル
02.バーン
03.アイ・ドゥ・ザ・セイム・フォー・ユー
04.クルーエル・アンド・ジェントル・シングス
05.ブリング・イット・ホーム・アゲイン
06.ワンス・イン・ア・ホワイル
07.ジャスト・ライク・ラヴ
08.レギュラー・グラインド
09.ディリンガム・レーン
10.イット・ドント・テイク・ロング
11.インプレスト※ボーナストラック『ピクチャーズ・フォー・プレジャー』(85年) 収録曲のセルフ・カヴァー
12.スパニッシュ・ワーズ ※ボーナストラック/チャーリー・セクストン・セクステット『アンダー・ザ・ウィッシング・ツリー』(95年) 収録曲のセルフ・カヴァー
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015