ニュース

デビュー9周年を迎えたCHEMISTRY、たった9組の“デュオ”の前でプレミアム・ライヴを披露!

CHEMISTRY   2010/03/05 15:13掲載
はてなブックマークに追加
デビュー9周年を迎えたCHEMISTRY、たった9組の“デュオ”の前でプレミアム・ライヴを披露!
 2月24日に約2年ぶりとなる最新アルバム『regeneration』を発表したCHEMISTRY。3月4日(木)に、音楽チャンネル「MUSIC ON! TV」とのコラボレーションでライヴ・イベントを行ないました!

 このイベントは、3月7日にCHEMISTRYがデビュー9周年を迎えることにちなみ、当日は1,000通の応募の中から抽選で選ばれた、たった9組の当選者の前で行なったプレミアムなライヴに。

 応募者に与えられたテーマは“duo(デュオ=2人組)”。恋人、友人、家族など、応募者それぞれがライヴへ連れて行きたいパートナーとのエピソードと、パートナーに伝えたいメッセージ添え、CHEMISTRYが当選者9組それぞれのストーリーに添った曲を1曲ずつ選びパフォーマンス。ライヴ当日にプロポーズをするというエピソードを寄せた1組のカップルには、プロポーズの結果を問いかけ「おめでとうございます」と告げて歌った「君をさがしてた」を初め、全9曲をアコースティック・スタイルで熱唱。それぞれのストーリーを胸に来場した9組のデュオが、デビュー9周年を迎えるCHEMISTRYの歌声に酔いしれました!


<川畑要(CHEMISTRY)からのコメント>
「すごくプレミアム感があって、9組それぞれが恋人や家族、大切な人とくるイベントなので、僕らもCHEMISTRYとして9年間やってきた中での選りすぐりの9曲を選びました。懐かしいものから新しいものまで、自分たちでもこれまでの9年間を振り返ることができた日になりました」

<堂珍嘉邦(CHEMISTRY)からのコメント>
「ただただ、9組の皆様が今日この会場にきたいきさつやストーリーを、僕らの歌でかみしめてもらえたら嬉しいです。僕たちは完全にホスト役に徹して、9組それぞれの9つのストーリーにそった曲を選ばせて頂きました。気持ちよく歌いました」
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』
[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015