ニュース

クレモンティーヌ緊急来日、「天才バカボン」をしっとりと披露!

クレモンティーヌ   2011/04/22 13:58掲載
はてなブックマークに追加
クレモンティーヌ緊急来日、「天才バカボン」をしっとりと披露!
 4月21日、フランス人シンガーのクレモンティーヌが緊急来日! 「ほぼ日刊イトイ新聞」のプレゼンツによるライヴ<クレモンティーヌベスト・ライブ>を行ないました。

 この模様はUSTREAM「ほぼ日チャンネル」、そして「ニコニコ生放送」で配信され、彼女はCMでおなじみの「天才バカボン」といったアニソンをはじめ、YouTubeでも話題となった「上を向いて歩こう」など、数々の名曲をボッサ・アレンジでカヴァー。そのしっとりとした歌声に、ニコニコ生放送に集まった3万人近くの視聴者が酔いしれました。

 昨年発表されたアニソン・カヴァー・アルバム『アニメンティーヌ』が大きな話題を呼んだクレモンティーヌは、今回のライヴも「天才バカボン」からスタート。シンプルながら厚みのある演奏に乗せて、やわらかな歌声がホールに響きわたる。

 その後、「ラムのラブソング」「ゲゲゲの鬼太郎」を軽快なボッサ・アレンジで歌ったクレモンティーヌは、会場に向かって「緊張していませんか? もっと楽しみましょう!」と笑顔で呼びかけ、彼女の定番曲とも言える「男と女」を披露!

 21日の早朝に来日し、翌日には帰国するという強行スケジュールでの来日となった今回、彼女はこの<クレモンティーヌベスト・ライブ>の前に、世田谷区の保育園でファミリー・コンサートを行なってきており、帰国当日には福島の被災地も訪問する予定とのこと。これには会場と視聴者からも、大きな驚きの声が上がっていました。

 その後、槇原敬之の作詞・作曲・プロデュースで2008年に発表した「ショコラ・エ・スイーツ」を、さらに今日初めて歌うという「春の香り」と、斉藤和義の名曲「歩いて帰ろう」を、独自のアレンジで歌い上げ、ライヴは和やかな雰囲気で進行。エディットピアフ「愛の讃歌」、そして「踊るポンポコリン」を経て、最後は海外でも大ヒットした「sukiyaki」こと「上を向いて歩こう」へ。アンコールでは会場が一体となって「オー・シャンゼリゼ」を合唱。<クレモンティーヌベスト・ライブ>は、いつまでも続く静かな熱狂の中で幕を下ろしました。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝!
[インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム
[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015