ニュース

toeとcollections of colonies of beesによるカップリング・ツアーの開催が決定

Collections Of Colonies Of Bees   2014/02/12 16:04掲載
はてなブックマークに追加
 AMERICAN FOOTBALLと並び、1990年代のPolyvinyl Recordsを代表する存在として活躍した米ミルウォーキーの伝説的ポストロック・アクト、pele。同バンドを前身とし、今なお着実に進化しながら活動を続けているcollections of colonies of beesが、toeとのカップリング・ジャパン・ツアーを開催。3月4日(火)東京、5日(水)名古屋、6日(木)大阪の3公演が決定しています。

 BON IVERことJustin Vernonと組んだ合体プロジェクト“VOLCANO CHOIR”としての2ndアルバム『Repave』(2013)が記憶に新しい中、今年1月には最新オリジナル作『Set』をリリースしたばかりのcollections of colonies of bees。カラフルな音色、ミニマルな展開のインストゥルメンタル・アンサンブルは、ますます芳醇な味わいとなっています。

 全公演で行動を共にするtoeは、pele時代から交流を持つ盟友同士。peleとして2002年に行なわれた来日公演で共演を果たしているほか、collections of colonies of beesとしても2009年にカップリング・ツアーを開催、同年にはスプリット作をリリースしている間柄です。互いに尊敬の念を抱く者ならではのステージに期待が高まります。

 また、collections of colonies of bees『Set』国内盤にはtoe・山嵜廣和氏による解説が付属。こちらもツアーに備えて必読の内容です。

ele-king presents
toe / collections of colonies of bees
Japan tour 2014


・3月4日(火)
東京 渋谷 TSUTAYA O-nest(03-3462-4420)
開場 18:00 / 開演 19:00
前売 4,500円 / 当日 5,000円(税込 / 別途ドリンク代)
ぴあ(P: P:223-557) / ローソン(L: 70044) / e+

・3月5日(水)
愛知 名古屋 APOLLO BASE(052-261-5308)
開場 19:00 / 開演 19:30
前売 4,500円 / 当日 5,000円(税込 / 別途ドリンク代)
ぴあ(P: P:223-442) / ローソン(L: 46308) / e+

・3月6日(木)
大阪 心斎橋 Music Club JANUS(06-6214-7255)
開場 18:00 / 開演 19:00
前売 4,500円 / 当日 5,000円(税込 / 別途ドリンク代)
ぴあ(P: 223-509) / ローソン(L: 52170) / e+

[ご予約]
各公演のチケット予約は希望公演前日まで「event@ele-king.net」でも受け付けております。「お名前」「電話番号」「希望枚数」をメールにてお知らせください。当日、会場受付にて予約(前売)料金でのご精算 / ご入場とさせていただきます。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015