ニュース

デヴィッド・バーン、ブライアン・イーノとの歴代コラボ曲を特色する7年ぶりの来日公演が開催決定!

デヴィッド・バーン   2008/10/28掲載(Last Update:08/11/21 14:32)
はてなブックマークに追加
デヴィッド・バーン、ブライアン・イーノとの歴代コラボ曲を特色する7年ぶりの来日公演が開催決定!
 2009年1月、デヴィッド・バーントーキング・ヘッズ)の7年ぶりの来日公演が決定! 当日は、ブライアン・イーノとの27年ぶりの共演作となった最新アルバム『Everything That Happens Will Happen Today』(写真)に加え、2人がコラボレーションしたトーキング・ヘッズのアルバムからの楽曲を演奏する貴重なステージ“songs of david byrne and brian eno”となります。ツアーは、大阪・なんばハッチ(1月23日)、横浜・横浜ベイホール(1月25日)、東京・渋谷AX(1月27日、28日)で計4公演が行なわれる予定です。

 ツアーでも披露される『Everything That Happens Will Happen Today』は、今年8月に特設サイト“EverythingThatHappens.com”経由でデジタル配信されたアルバムで、イーノが作曲とコーラスを、バーンが作詞とメイン・ヴォーカルを主に担当した分業制によるプロジェクト作。実験的であった前作『ブッシュ・オブ・ゴースツ』(81年)とは異なり、ヴォーカル・トラックをメインにインテリジェンスと歌心にあふれたポップな仕上がりで、言うなれば“二人だけのトーキング・ヘッズ(21世紀版)”とも評せる作品となっています。CD版の一般発売はUK盤が11月17日に、US盤が11月25日に、日本盤(BRC-218 税込2,500円/HQCD仕様/ボーナストラック予定)が11月19日にそれぞれ予定されています。

 多くの名曲を生み出した“バーン×イーノ”のナンバーが生で観られる貴重な機会となりますので、最新作ともどもご注目ください!
続報
デヴィッド・バーンの日本ツアー、横浜公演は中止に
2009年1月15日に予定していた横浜ベイホールでの公演は、舞台制作上の都合により中止となりました。なお、他の公演は予定通り行なわれる予定です。
[ 2008/11/21掲載 ]


『Everything That Happens Will Happen Today』
01. Home
02. My Big Nurse
03. I Feel My Stuff
04. Everything That Happens
05. Life Is Long
06. The River
07. Strange Overtones
08. Wanted For Life
09. One Fine Day
10. Poor Boy
11. The Lighthouse

≪デヴィッド・バーン songs of david byrne and brian eno≫
■1月23日(金)大阪 なんばハッチ
・OPEN 18:00 / START 19:00
・TICKET ¥8,500-(税込/All Standing/1DRINK別)
・INFO:キョードーチケットセンター06-7732-8888
*チケット発売:調整中

■1月27日(火)、1月28日(水) 東京 渋谷AX
・OPEN 18:00 / START 19:00
・TICKET ¥8,500-(税込/1F:オールスタンディング 2F:指定)
・INFO:クリエイティブマン03-3462-6969
*チケット発売:11/15(土)10:00am〜

※詳細はクリエイティブマンまで
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015