ニュース

福山雅治、初のドーム・ツアーが閉幕

福山雅治   2014/05/26 14:17掲載
はてなブックマークに追加
 全国6ヵ所・14公演、福山雅治にとって初のドーム・ツアーとなった〈FUKUYAMA MASAHARU WE’RE BROS. TOUR 2014 HUMAN〉が5月25日(日)に「京セラドーム大阪」で最終日を迎えました。

 会場で約4万人のオーディエンスがライトスティックを頭上に掲げる中、荘厳なオープニングSEをバックに福山が登場すると、はち切れんばかりの歓声でヴォルテージは一気に急上昇。福山は、メイン・ステージとは別に、アリーナ席中ほどに設けられたセンター・ステージへ立つと、アカペラで「Beautiful life」。その姿は会場の大型スクリーンに映し出され、観客は福山の世界へ引き込まれていく。

 流麗なギター・ソロを挟み披露されたのは、今回のツアー・タイトルでもある「HUMAN」。センター・ステージが上昇し、鮮やかなライティングと、それをカメラが追いかけるさまは、まさにスタジアムの醍醐味!

 MCでは、このツアーとアルバムの成功は“アナタのお陰なんです!”とまずここに集まったファンを称え、そして披露されたのは「桜坂」。楽曲の“桜”のイメージに合わせ、淡いピンク色の照明が照らし出されると、今度は桜の花びらが舞う演出。また、中盤は最新アルバム『HUMAN』からの楽曲を連続で披露するも、初めて聴くオーディエンスにもその世界に入りやすいようイメージ映像を設けるなど、嬉しい演出も。

 ストリングスのサウンドが美しい壮大なバラード曲「暁」で本編を締めくくると、割れんばかりのアンコールに応え、ステージに再登場。ポップ・チューン「生きてる生きてく」、そして1993年に発表されたヒット・ソング「MELODY」を披露。……バンド・メンバーを紹介し、ステージを去ろうする福山へ寄せられる拍手と歓声! それ応え、アコースティックギター1本の弾き語りで「家族になろうよ」。その美しいギターの音色と優しい歌声に会場全体が耳を傾けていました。

福山雅治福山雅治
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015