ニュース

GLIM SPANKY、恋愛バラエティ『恋のLast Vacation』主題歌「ラストシーン」リリース

GLIM SPANKY   2023/05/26 12:50掲載
はてなブックマークに追加
GLIM SPANKY、恋愛バラエティ『恋のLast Vacation』主題歌「ラストシーン」リリース
 GLIM SPANKYが、動画配信サービス「Paravi」にて独占配信中のParavi オリジナル『恋のLast Vacation 南の楽園プーケットで、働く君に恋をする。』の主題歌となる新曲「ラストシーン」を5月26日(金)にデジタル・リリース。あわせて、「ラストシーン」のジャケット画像を使用したリリック・ビデオも公開となりました。

 『恋のLast Vacation』は、2022年9月から配信開始されている“職場恋愛”をテーマにしたParavi オリジナルの恋愛バラエティ。恋の舞台となるのは、南の楽園・プーケット。海外のリゾートアイランドで、その土地ならではの仕事に挑戦し、運命の恋を見つけていく3泊4日のワーキングホリデー。働く姿を通して見えてきた相手の本性、そこで見つけた本当の恋とは?ファッション誌専属モデル×グラビアアイドル×大学ミスターコンGP×俳優など、様々な経歴を持つ男女が本気で恋をします。南の楽園プーケットを舞台にした恋愛物語を見守るMCを、前回に引き続きアンガールズ田中卓志松村沙友理一ノ瀬颯が務めています。

 この度公開されたリリック・ビデオは、松尾レミが制作した女性のイラストに動きが加わり、豊かな表情と歌詞が相まって、より楽曲の世界観に浸ることのできる作品となっています。また、TikTokでは、『恋のLast Vacation 南の楽園プーケットで、働く君に恋をする。』の出演者達が考えた「恋バケポーズ」から派生したダンス動画もアップされているので是非チェックしていただきたいところです。

 また、GLIM SPANKYは、8月にコンセプト・ワンマン・ライヴ〈Velvet Theater〉を東名阪にて開催。〈Velvet Theater〉は、GLIM SPANKYが定期開催しているコンセプト・ワンマン・ライヴ。新作音源のリリース・ツアーとは異なり、GLIM SPANKYの「GLIM(ケルト文化の伝説や幻想文学のなかに登場する、怪しいゴブリンが森の中を徘徊する際に使う灯火)」の意味にも込められている摩訶不思議な世界観を魅せることにフォーカスした内容で作り上げています。5月28日(日)23:59までオフィシャル・モバイルサイトにてチケット先行予約受付中です。

 新曲「ラストシーン」がデジタル・リリースされ、春フェスに出演、8月には〈Velvet Theater〉開催と続くGLIM SPANKY。解き放つロック魂は全国に響き渡るに違いないでしょう。なお、〈Velvet Theater〉について、GLIM SPANKYのメンバーよりコメントが到着しました。

[コメント]
いつもなかなか演奏していない曲、世界観重視のセットリスト、趣味を爆発させた2023年バージョンの「Velvet Theater」を作りたいと思っています。ぜひ自分にとってのお洒落をして、夜にこっそり開かれる不思議なシアターへと、遊びにきてください。
――松尾レミ

昨年12月のアルバムツアーぶりの自主企画イベント、お待たせいたしました!GLIM SPANKYにしかできない最高のパーティーにしたいと思います。是非一緒に楽しみましょう!
――亀本寛貴

拡大表示




■2023年5月26日(金)配信開始
GLIM SPANKY
「ラストシーン」

配信: glimspanky.lnk.to/lastscenePR
歌詞: uta-net.com/song/336536

『恋のLast Vacation 南の楽園プーケットで、働く君に恋をする。』
毎週土曜0:00配信
※#1はParavi公式YouTube、Paraviにて無料配信中
paravi.jp/title/111775

〈Velvet Theater 2023〉
2023年8月5日(土)東京 恵比寿ガーデンホール
2023年8月20日(日)大阪 味園ユニバース
2023年8月31日(木)愛知 DIAMOND HALL
glimspanky.com/live
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] YOYOKA    世界が注目する14歳のドラマーが語る、アメリカでの音楽活動と「Layfic Tone®」のヘッドフォン[インタビュー] 松尾清憲 ソロ・デビュー40周年 めくるめくポップ・ワールド全開の新作
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015