ニュース

GReeeeNのアルバムTV-CMに、大泉洋が出演!

GREEEEN   2009/06/04 14:51掲載
はてなブックマークに追加
 6月10日にリリースされる、GReeeeNの3rdアルバム『塩、コショウ』のTV-CMに、俳優の大泉洋が出演! 先日、川崎市内のスタジオにて撮影が行なわれました!

 アルバム『塩、コショウ』のジャケットには、アイスクリームを持った白人少年の、なんとも“不思議な”写真が使用されており、各方面で話題。TV-CMは、そのジャケットと同じ扮装をした大泉洋が登場し、アルバムに収録されている先行シングル「歩み」「刹那」「遥か」をメドレー形式で歌うという内容。その扮装っぷりはもちろんですが、キーが高く、もっぱら“カラオケ等で歌うのが難しい”とも言われているGReeeeNの曲を、見事に歌いきる姿も大きな見どころです!

 今回の出演は、北海道テレビ放送制作の超人気番組『水曜どうでしょう』を通じ、GReeeeNのメンバー全員が大泉洋の大ファンであることから熱烈オファー! 代表してリーダーのHIDEが直筆の手紙を書くほどの熱の入れようで、CM出演が叶ったことについて、メンバー全員いたく感激しているとか。

 なお、このCMは、6月6日(土)より全国にて放送予定(同時に、GReeeeNのオフィシャル・サイトでも公開予定)。当初公開されるもののほかにも、いくつかのバリエーションが存在するので、そちらもお見逃しなく。


 


<大泉洋からのコメント>
・GReeeeNはご存知でしたか?
「ドライブに出た時にかけましたね。非常にいいですね。アルバムを聴いた時、大変気持ちよく聴けて走りもスムーズだったなぁ。あまり信号に捕まらなかった気がします。そういう効果もあるかもしれない。だいたい信号が“グリーン”でしたね(笑)」

・GReeeeNの曲を歌ってみてどうでしたか?
「非常にいい歌でした。改めて歌ってみて、聴いている時とはまた違う良さというものを知った感じです。歌っていると、だんだん自分に馴染んでくるというか、ひょっとしてこれは自分の曲なんじゃないか!? と思うようなところがありました(笑)」

・GReeeeNのメンバーが大泉洋さんの大ファンなのですが、メッセージをお願いします 
「私が聴いていたアーティストが、私の番組を見てくれていて非常にうれしいです。今回直筆の手紙をいただいて、本当によく見てくれているんだなと実感しました。今後も福島を拠点に活動を続けてくれれば、同じように地元で活動している皆さんの勇気になるんじゃないかという風に思います。すべてにおいて異質な存在だと思いますが、いろいろな意味で皆さんに勇気を与えているチームではないでしょうか。GReeeeNの皆さん、尊敬しています!!」

<GReeeeNからのコメント>
「今回、アルバムのTV-CMについて、“何かアイディアや希望はないか?”とスタッフに聞かれた時、まず最初に大泉洋さんの顔が浮かびました。というか、大泉さんしかいないと思いました。出演オファーを受けていただいた時は、本当に嬉しかったです。完成したCMを見ると、もはや何も申し上げる必要がないぐらいの仕上がりでした。さすが天才『ニョウイズミさん』!!!ファンの皆さんも、このCMをぜひチェックしてください。そして大泉さん、本当に、ありがとうございました!」
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015