ニュース

ヘイリー・ロレン、日本でのライヴを収録したアルバムをリリース 来日公演も決定

ヘイリー・ロレン   2016/02/02掲載(Last Update:16/02/16 12:55)
はてなブックマークに追加
 伝統的なジャズとコンテンポラリーなポップスを絶妙にブレンドしたスモーキーな歌声と可憐なルックスで魅了するジャズ・シンガー、ヘイリー・ロレン(Halie Loren)が、日本でのライヴを収録した新作『ライヴ・アット・コットンクラブ』(VICJ-61749 2,300円 + 税)を2月17日(水)にリリースします。また、このアルバムを携えての来日公演も決定。4月14日(木)〜16日(土)東京・丸の内 COTTON CLUB、17日(日)神奈川・横浜 MOTION BLUE YOKOHAMA、18日(月)大阪・梅田 Billboard Live OSAKA、19日(火)愛知・名古屋 BLUE NOTEにて行われます。

 米アラスカ出身、幼少期からエタ・ジョーンズナット・キング・コールエラ・フィッツジェラルドなどを愛聴し、15歳でプロ・デビュー。日本では2ndアルバム『青い影』が大ヒットし、一躍トップ・シンガーの仲間入りを果たしたヘイリー。最新作は、彼女の日本におけるホームグラウンドのひとつCOTTON CLUBでの収録で、2015年に行なわれた8公演の中からベスト・パフォーマンスをセレクト。おおらかで温かい、彼女の人柄も感じられる内容となっています。来日公演でも艶やかなステージングで、数々の名曲を届けてくれそうです。

■2016年2月17日(水)発売
ヘイリー・ロレン
『ライヴ・アット・コットンクラブ』

VICJ-61749 2,300円 + 税

[収録曲]
01. スウィングしなけりゃ意味がない
02. 青い影
03. フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
04. ヒット・ザット・ジャイヴ、ジャック
05. アワ・ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ
06. フォー・センチメンタル・リーズンズ
07. ラヴ
08. ブルー・スカイズ
09. バタフライ
10. アイヴ・ガット・トゥ・シー・ユー・アゲイン
11. トゥー・ダーン・ホット
12. 勝手にしやがれ
13. フィーリング・グッド
14. パハップス、パハップス、パハップス
15. この素晴らしい世界
16. みんなビューティフル
17. としのエリー

■ヘイリー・ロレン来日公演

・2016年4月14日(木)〜16日(土)
東京・丸の内 COTTON CLUB
www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/halie-loren

・2016年4月17(日)
神奈川 横浜 MOTION BLUE YKOHAMA
www.motionblue.co.jp/artists/halie_loren

・2016年4月18日(月)
大阪 梅田 Billboard Live OSAKA
www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=9889&shop=2

・2016年4月19日(火)
愛知 名古屋 BLUE NOTE
www.nagoya-bluenote.com/index.html

[メンバー]
Halie Loren(vo), Matt Treder(p), Mark “Mo” Schneider(b), Brian West(ds)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015