ニュース

原田知世、4年半ぶりのアルバム発売決定 堀込高樹、土岐麻子ら豪華作家陣が参加

原田知世   2018/10/19 13:54掲載
はてなブックマークに追加
原田知世、4年半ぶりのアルバム発売決定 堀込高樹、土岐麻子ら豪華作家陣が参加
 今年は立て続けに俳優として、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』、WOWOW連続ドラマW「不発弾 〜ブラックマネーを操る男〜」、そして10月26日(金)に全国公開される映画「あいあい傘」に出演した原田知世が音楽活動を再開。原田の誕生日である11月28日(水)にニュー・アルバム『L'Heure Bleue(ルール・ブルー)』をDVD付きの初回限定盤(SHM-CD + DVD UCCJ-9216 3,700円 + 税)と通常盤(UCCJ-2161 3,000円 + 税)の2形態でリリースします。

 本作は『noon moon』(2014年)以来4年半ぶりとなるオリジナル・アルバム。2007年の『music & me』からの音楽パートナーである伊藤ゴローがプロデュース / 作曲 / アレンジを担当し、堀込高樹KIRINJI)、土岐麻子、高橋久美子(ex. チャットモンチー)、辻村豪文キセル)、角田隆太(ものんくる)、角銅真実が作家として参加。多彩なアーティストが揃っています。

 原田自身の作詞による透明感と凛とした輝きを放つ「Hello」、宮沢賢治「銀河鉄道の夜」をモチーフにしたファンタジックな高橋久美子作詞作曲による「銀河絵日記」をはじめ、辻村豪文が提供した「わたしの夢」など、“主演・原田知世、監督・伊藤ゴロー、脚本・作詞家”で構成する架空の短編映画のサウンドトラックのように、原田のさまざまな表情を描き出すアルバムになっています。

 アルバム・タイトルの『L'Heure Bleue』は、英語では「Blue Hour」と言い、日の出前と日の入り後に発生する空が神秘的な濃い青色に染まる時間帯のこと。デビュー35周年を経て、「これからはひとつひとつの変化を大切に過ごしていきたい」という原田の想いが込められています。また、12月19日(水)には同アルバムの初回プレス完全限定生産で12インチ・ヴァイナルの発売も決定しています。

Photo by Mariko Ohya

■2018年11月28日(水)発売
原田知世
『L'Heure Bleue』

初回限定盤 SHM-CD + DVD UCCJ-9216 3,700円 + 税
通常盤 UCCJ-2161 3,000円 + 税

[収録曲]
01. Hello(作詞:原田知世 / 作曲: 伊藤ゴロー)
02. 銀河絵日記(作詞: 高橋久美子 / 作曲: 伊藤ゴロー)
03. ping-pong(作詞: 土岐麻子 / 作曲: 伊藤ゴロー)
04. 名もなき青(作詞: 角田隆太 / 作曲: 伊藤ゴロー)
05. 風邪の薬(作詞: 堀込高樹 / 作曲: 伊藤ゴロー)
06. 夢の途中(作詞: 原田知世 / 作曲: 伊藤ゴロー)
07. ショート トリップ(作詞: 角銅真実 / 作曲: 伊藤ゴロー)
08. Hi(作詞: 角銅真実 / 作曲: 伊藤ゴロー)
09. 2月の雲(作詞: 高橋久美子 / 作曲: 伊藤ゴロー)
10. わたしの夢(作詞・作曲: 辻村豪文)

[初回限定盤仕様]
CD: 「銀河絵日記 - piano version」を追加収録
DVD: 「銀河絵日記」のミュージックビデオを収録
スリーヴケース + 四つ折りミニ・ポスター付パッケージ


■2018年12月19日(水)発売
原田知世
『L'Heure Bleue』

12inch vinyl UCJJ-9016 3,600円 + 税
初回プレス完全限定生産
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015