ニュース

ハーヴィー・メイソン率いるカメレオン・バンド、マーク・ド・クライヴ・ロウら擁する最新編成で来日

ハーヴィー・メイソン   2017/08/29 12:26掲載
はてなブックマークに追加
ハーヴィー・メイソン率いるカメレオン・バンド、マーク・ド・クライヴ・ロウら擁する最新編成で来日
 ハービー・ハンコックヘッド・ハンターズ』やブレッカー・ブラザーズの1stアルバムなどを支えた名ドラマーにして、カマシ・ワシントンマイルス・モーズリーら数々の逸材を発掘、育成した慧眼の持ち主でもあるハーヴィー・メイソン(Harvey Mason)が、自身のユニット“カメレオン・バンド”を率いて来日。9月1日(金)から3日(日)までの3日間、東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにてライヴを開催します。

 カメレオン・バンドは、メイソンが気鋭ミュージシャンと共にジャズ・ファンク・クラシック『カメレオン』を現代に蘇らせるスペシャル・プロジェクト。最新ラインナップは、キーボードの鬼才マーク・ド・クライヴ・ロウ、最晩年のプリンスを魅了したベーシストのモノネオン、ケンドリック・ラマーの名盤『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』にも携わったプロデューサー兼トランペット奏者のジョセフ・ライムバーグ、若手サックス奏者の浜崎 航といった精鋭陣。さらに9月2日(土)と3日(日)の公演には、DJ KRUSHのスペシャル・ゲスト参加も決定しています。

 またBLUE NOTE TOKYOのオフィシャル・サイトでは、本公演への意欲を語るメイソンの最新インタビューが公開されています。



ハーヴィー・メイソン “カメレオン”
featuring ジョセフ・ライムバーグ、マーク・ド・クライヴ・ロウ&モノネオン

www.bluenote.co.jp/jp/artists/harvey-mason

2017年9月1日(金)〜3日(日)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
チャージ 8,500円(税込 / 飲食代別)

[メンバー]
ハーヴィー・メイソン(dr)
ジョセフ・ライムバーグ(tp)
マーク・ド・クライヴ・ロウ(key)
モノネオン(b)
浜崎 航(ts)
スペシャル・ゲスト: DJ Krush(DJ) *

* 9月2日(土) / 3(日)のみ
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015