ニュース

さいたま芸術劇場が午前11時開演の新シリーズをスタート、初回公演は波多野睦美&高橋悠治

波多野睦美   2020/12/18 12:55掲載
はてなブックマークに追加
さいたま芸術劇場が午前11時開演の新シリーズをスタート、初回公演は波多野睦美&高橋悠治
 埼玉・彩の国さいたま芸術劇場が、午前11時に開演する新シリーズ「イレブン・クラシックス」をスタート。ナビゲーターに音楽評論家の林田直樹を迎え、トークと演奏で構成するコンサートです。その初回公演〈イレブン・クラシックス Vol.2 波多野睦美&高橋悠治〉が、2021年1月13日(水)に同劇場の音楽ホールで開催されます(〈Vol.1〉は新型コロナウイルス感染症の影響で中止)。

 当日の演奏予定曲目は、シューベルトの歌曲集《冬の旅》より「春の夢」、「シルヴィアって?」(英語で歌唱)、「アヴェ・マリア」、高橋悠治の「バッハと歩哨」「民衆に訴える」ほか。チケットは全席指定2,000円です。

 また、波多野(メゾソプラノ)と高橋(p)は、波多野のレーベル「ソネット」から6枚目のアルバム『ねむれない夜〜高橋悠治ソングブック〜』を12月中旬に発表します。このアルバムには、高橋が波多野のために書いた新作、森崎和江の詩集『ささ笛ひとつ』(2004年)の3篇に曲をつけた「旅だちながら」や、1977年に書かれた「ぼくは12歳」など、詩人たちの言葉が時を超え、今この時に心に響く作品を収録。戦場で吸い込んだ毒ガスにより健康を失い、その後の半生を病院で過ごしながら作曲と作詩を続けたアイヴァー・ガーニーが、戦場でバッハの前奏曲を思い出している歩哨を詠んだ詩に、高橋が曲をつけた収録曲「バッハと歩哨」は、〈イレブン・クラシックス Vol.2 波多野睦美&高橋悠治〉で演奏される予定です。

絵 by 柳生弦一郎
Photo by 河野俊之


彩の国さいたま芸術劇場
www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/88962

キングインターナショナル
www.kinginternational.co.jp/genre/mhs-006
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る
[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー
[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”
[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015