ニュース

KERAがソロ・アルバム『LANDSCAPE』を5月にリリース アナログ盤視聴会イベント開催

ケラリーノ・サンドロヴィッチ   2019/03/20 12:12掲載
はてなブックマークに追加
KERAがソロ・アルバム『LANDSCAPE』を5月にリリース アナログ盤視聴会イベント開催
 ケラリーノ・サンドロヴィッチことKERAが、約3年半ぶりとなるソロ・アルバム『LANDSCAPE』を5月8日(水)にリリース。紙ジャケット仕様のCD(CDSOL-1836 3,000円 + 税)と、CD未収録曲を追加し収録曲「cheek to cheek」「じんじろげ」を別ヴァージョンに差し替えた2枚組ゲートフォールド・カヴァー仕様12inchアナログ(NGN-003〜004 5,500円 + 税)の2形態で発売されます。

 前作『Brown, White & Black』から引き継がれた“1920〜30年代のクラシカルなジャズの彼流の解釈”をテーマにした本作には、伏見 蛍(g)、坂出雅海(b / ヒカシュー)、佐藤真也(p, key)、織田祐亮(tp / TRI4TH)、藤田淳之介(sax / TRI4TH)、ファンファン(tp / くるり)、湯浅佳代子(tb)、ハラ ナツコ(sax)、鈴木光介(tp / 時々自動)、上石 統(tp)、さらには、ともさかりえ(cho)、犬山イヌコ(cho)、峯村リエ(cho)、緒川たまき(ウクレレ / 作詞)らが参加しており、かつてLONG VACATIONでKERAと共に活動した中野テルヲが楽曲を提供しています。

 5月4日(土・祝)、5日(日)には〈〜KERA ソロアルバム『LANDSCAPE』発売記念〜全曲解説付きアナログ盤視聴会2days〉を東京・新宿 ROCK CAFE LOFTにて開催。アナログ盤付き前売チケットはe+にて3月31日(日)より限定各45枚販売されます。

ある事情があってずっと手元になかった、幼い頃の写真を収めたアルバムを開いたことが、本作『LANDSCAPE』の方向性を決定づけた。
写真たちを眺めながら歌詞を書いた結果、これまでに無くパーソナルな音盤に仕上がった。
子供の頃飼っていた犬(親友だった)に捧げる歌が出来た。なけなしの小遣いを握りしめて映画館に通い詰めた小学生の自分に捧げる歌が出来た。20代の頃活動を共にした、ナゴムレコードの戦友たちに捧げた曲もある。
カバー曲も(BOOWYの『B.BLUE』を除けば)幼い頃、ジャズマンだった父がよく家で聴いていた曲ばかり。
こうしたセルフ・ポートレートのような作品を作っておくのも悪くないと感じている。
近年僕が作った演劇作品(『百年の秘密』『キネマと恋人』)からの楽曲も2曲収録されているから、きっとそちらのファンにも楽しんでもらえるはず。
前作もそうだったが、この度も、有頂天やシンセサイザーズでは絶対にできないし、やらない類の楽曲ばかりを収めている。鈴木慶一さんとやってるNo Lie−Senseならばやれないこともないが、あちらはもっとストレンジな音楽を目指している。
これもまた、あれらとは別の、極めて自分らしい音楽だと思っている。とてもとても愛おしい音楽だ。買って。
あ、それから、今回CDだけでなく、自腹でアナログ盤(2枚組)も作りました。CD未収録の曲が4曲入っており、バージョン違いもいくつか。ジャケも曲順も異なります。もちろんミックスも。
ぜひとも両方聴いてほしい。よろしくお願い。

――KERA

拡大表示拡大表示


■2019年5月8日(水)発売
KERA
『LANDSCAPE』


[CD]
CDSOL-1836 3,000円 + 税
※紙ジャケット / 歌詞・解説付き

[収録曲]
01. cheek to cheek
(作詞・作曲: Irving Berlin)
02. 木の歌
(作詞: 緒川たまき, KERA / 作曲: 鈴木光介)
03. ビバップ・バトン・ビバップ
(作詞: KERA / 作曲: KERA, 伏見 蛍)
04. ケイト
(作詞・作曲: KERA)
05. stardust
(作詞: Mitchell Parish / 作曲: Hoagy Carmichael)
06. キネマ・ブラボー
(作詞: KERA / 作曲: 中野テルヲ)
07. 食神鬼
(作詞: KERA / 作曲: KERA, 鈴木光介)
08. B-BLUE
(作詞: 氷室京介 / 作曲: 布袋寅泰)
09. じんじろげ
(作詞: 渡 舟人 / 作曲: 中村八大)
10. シリーウォーカー
(作詞・作曲: KERA)
11. サンキュー
(作詞・作曲: KERA)
12. 見上げてごらん夜の星を
(作詞: 永 六輔 / 作曲: いずみたく)
13. LANDSCAPE SKA
(作詞・作曲: KERA)

[12inchアナログ]
NGN-003〜004 5,500円 + 税
※2枚組ゲートフォールド・カヴァー / 歌詞・解説付き

[side A]
01. Stardust
02. ケイト
03. サンキュー
04. キネマ・ブラボー

[side B]
01. cheek to cheek(Take2)
02. じんじろげ(LONG VERSION)
03. 見上げてごらん夜の星を
04. LANDSCAPE SKA

[side C]
01. 木の歌
02. ビバップ・バトン・ビバップ
03. B・BLUE
04. シリーウォーカー

[side D]
01. アンパンとジャズ 
(作詞・作曲: KERA)
02. 食神鬼
(作詞: KERA / 作曲: KERA, 鈴木光介)
03. 夢で逢いましょう 
(作詞: 永 六輔 / 作曲: 中村八大)
04. ベルリンレゲエ 
(作詞・作曲: KERA)
05. サニー・グッジ・ストリート 
(作詞・作曲: Donovan)
※CD未収録曲

〜KERA ソロアルバム『LANDSCAPE』発売記念〜
全曲解説付きアナログ盤視聴会2days


[料金]
各日 / 前売 8,000円(税込 / 別途ドリンク代 / 2枚組アナログ盤付き)
※e+にて3月31日(日)より限定各45枚販売
※当日券未定 / 終演後にアナログ盤ジャケットへのサイン会及びCDの販売あり。


2019年5月4日(土・祝)
東京 新宿 ROCK CAFE LOFT
開場 18:30 / 開演 19:00

2019年5月5日(日)
東京 新宿 ROCK CAFE LOFT
開場 12:30 / 開演 13:00

〜KERAソロアルバム『LANDSCAPE』発売記念ライブ 1 スモール・ユニット編〜

2019年6月16日(日)
東京 渋谷 LOFT HEAVEN
出演: KERA
バックメンバー: 伏見 蛍(g) / 佐藤真也(p, key) / 杉山圭一(key)

開場 18:30 / 開演 19:30
前売 4,800円 / 当日 5,300円(椅子席 / 全席自由 / 別途ドリンク代)
※e+にて4月7日(日)より販売。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015