ニュース

King & Prince「ichiban」がTikTok国内アーティスト最速となる3億回再生突破

King & Prince   2022/07/04 14:34掲載
はてなブックマークに追加
King & Prince「ichiban」がTikTok国内アーティスト最速となる3億回再生突破
 2022年4月13日に9thシングル「Lovin' you / 踊るように人生を。」をリリースし、9作連続でオリコン週間シングルランキング1位を獲得したKing & Princeが、待望の4枚目のアルバム『Made in』を6月29日にリリースしました。

 その表題曲である「ichiban」が、ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」において、6月27日に3億回再生を突破しました。TikTokでこれまで配信された楽曲の中で配信後13日間(6月15日配信)で楽曲の総再生数が3億回再生を突破したのは国内アーティスト最速であり、現在も非常に多くのユーザーに使用されている楽曲です。現在「ichiban」は、2パターンがTikTokで配信されており、各再生数合計で3億9753万3964回再生、投稿数は3万5156本となっています(7月1日現在)。

 配信中の楽曲「ichiban」をテーマに、King & Prince Johnnys' Universe 公式TikTokアカウント開設に合わせ、6月15日よりハッシュタグチャレンジ「#ichiban」を開催しており、メンバー5人で踊った投稿、メンバーの個性が前面に出たソロで踊った投稿は計4900万再生と大好評。また、「ichiban」の楽曲にのせて画面をTAPするTikTokのエフェクトをメンバーそれぞれが試し、メンバーのリアクションに大変多くのコメントがつき盛り上がっています。King & Prince発信の投稿をみたユーザーが真似をして踊ったり、エフェクトを使用して投稿し、爆発的に広がったようです。また、「ichiban(フォトモーションver.)」はTikTokの投稿機能であるフォトモーション機能と「ichiban」がコラボして作成されたスライドショー形式のオリジナルエフェクトで、ユーザーが選んだ5枚の写真を使用し、「ichiban」の楽曲に乗せて動画の投稿が可能となっており、これを使用した投稿も多く集まっています。

 このフォトモーションは「私の#ichiban」として6月22日より使用可能になっていて、自分の推しや家族やペットのichiban(一番)かっこいい画像、見てほしい画像を選択して、ユーザーに紹介するテーマとなっています。普段ハイクオリティダンスを投稿するユーザーを中心に、現在も投稿数は増え続けており、踊り方をわかりやすく解説したチュートリアル動画や、著名人の投稿も多く見れ、多用的に動画が作られており、今後の盛り上がりにも注目。

 なお、本アルバムはMade in “JAPAN” 、Made in “Johnny's”、Made in “King & Prince”……などそれぞれの場所、ルーツを大切にしながらKing & Princeが“今 目の前にいる人を幸せにする”ために、“今 King & Princeができること”をコンセプトにしたアルバムとなっており、昨秋リリースされた恋のドキドキを歌った王道のJ-POP「恋降る月夜に君想ふ」や、今年4月にリリースされた、運命の人へ永遠の愛を歌うラブソング「Lovin' you」、働くすべての人々への応援歌「踊るように人生を。」のほか、新曲多数を含む全16曲が収録されています(通常盤のみ全17曲収録)。表題曲「ichiban」は日本を代表するヒップホップアーティストKREVAの作詞・作曲で、ヒップホップサウンドに、和のサウンドアレンジを加えた楽曲となっています。振付は世界的ダンサーRIEHATAによるもので、“俺らがNo.1だ!ついて来い!”と宣言する強気なKing & Princeを見せます。またアルバム『Made in』のテーマ曲として、King & Princeが作詞・作曲に挑戦し、5人で“Made”した(作り上げた)「Dream in」を収録。表題曲で見せる強気な一面とは対照的な一面をのぞかせるミディアムバラードとなっています。その他にもJ-POPや、バラード、夏を感じる楽曲などバラエティ豊かな楽曲が収録され、その内の1曲である「バトル・オブ・バトラー!」は前作アルバム『Re:Sense』収録の「フィジャディバ グラビボ ブラジポテト!」に続く前山田健一の作詞作曲で、今作もティアラと楽しめるような楽曲となっています。また、今作にもユニット曲が収録されており、平野紫耀盒恭た岸優太の「僕の好きな人」は、切ない片想いを青春の甘酸っぱさを感じるメロディに乗せて歌う青春のラブソング、永瀬廉神宮寺勇太の「Doll」は愛する人をガラスケースにしまっておきたいと歌う深い愛情を歌詞にしたダークで大人なラブソング、とそれぞれテイストの全く異なるラブソングとなっています。

 初回限定盤AのDVDには、「ichiban」のミュージック・ビデオ、ソロアングルeditを収録。その他、KREVA立ち会いの元行われたレコーディング、ダンスリハーサル、そしてMV撮影現場でのオフショットを収めたBehind the sceneが収録される。初回限定盤BのDVDには、アルバム全体のメイキング映像として、様々な企画会議を経てKing & Princeがアルバムを作り上げていく様子を追いかけた『Made in』 Behind the sceneを収録。ジャケット写真の撮影現場のオフショット、レコーディング風景、そして5人で作詞作曲した「Dream in」の制作過程、アルバムの楽曲についての個人インタビューなども収録。また、同DVDには、収録楽曲「バトル・オブ・バトラー!」にかけ、King & Princeたるもの、いかなる状況でも気品高くあるべき!どんなお題にも凛とした佇まいでいられるか!?執事としての能力とホスピタリティーを競い合うバラエティ映像が収録されており、超盛りだくさんの内容となっています。

YouTube:King & Prince チャンネル 
youtube.com/c/kingandprince_j
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015