ニュース

清原果耶、主演映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」主題歌を担当  Coccoプロデュースでリリース決定

清原果耶   2020/07/01 13:01掲載
はてなブックマークに追加
清原果耶、主演映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」主題歌を担当  Coccoプロデュースでリリース決定
 2015年に女優としての活動を開始し、2021年春にはNHK連続ドラマ小説「おかえりモネ」のヒロインとしての出演が決まっている清原果耶が、自身が主演を務める9月4日(金)公開の映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」の主題歌を担当することを発表。主題歌のタイトルは「今とあの頃の僕ら」で、Coccoのプロデュースにより、9月2日(木)にシングルが配信とCD(初回生産限定盤 CD + DVD VIZl-1789 2,000円 + 税 / 通常盤 CD VICL-37556 1,300円 + 税)でリリースされることも決定。あわせて、同曲が使用された映画の本予告映像が、7月1日(水)より公開されています。

 作家・野中ともその大人気小説を実力派監督・藤井道人が映画化した「宇宙でいちばんあかるい屋根」は、14歳の女子中学生とあやしい老婆“星ばあ”がひと夏の大切な何かを探す、2人のキュートで、愛おしい、感動のファンタジー・ドラマ。清原が演じるのは、主人公の女子中学生・大石つばめで、実父と、血の繋がりのない母との間に子供が産まれることで感じる疎外感、実母への想いなどを胸の内に抱えながら、幼馴染に抱く恋心や、“星ばあ”との出会いから成長していくひと夏の少女の姿を、等身大かつ圧巻の演技力で表現しています。

 主題歌「今とあの頃の僕ら」の作詞・作曲・プロデュースを務めるのは、「強く儚い者たち」や「Raining」などで知られ、現在も音楽シーンにて圧倒的な存在感を放ち続けるCocco。「今とあの頃の僕ら」はCoccoが映画を見て、主題歌として清原果耶のために書き下ろした楽曲であり、Coccoにとってもほかのアーティストのプロデュースを手掛けた初の作品。現在最注目の女優として活躍中の清原と、デビュー23年を迎え独特のクリエイティヴィティで支持され続けるCoccoとの豪華なコラボレーションが聴きどころの楽曲となっています。

[コメント]
Coccoさんが書き下ろしてくださった
主題歌「今とあの頃の僕ら」を歌唱させて頂きました。
とても大切な作品に
広く深く染み渡るような楽曲。
こんなにも素敵な歌を
私が歌ってもよいのだろうか、と考えましたが
つばめを生きた自分だからこそ
届けられる何かが有れば嬉しいなと今は思っています。

レコーディングの際、緊張で固まる私に
「歌は手段だから」と
Coccoさんが声を掛けて下さって
身体中が温かい空気に包まれるような感覚になりました。
Coccoさんの真っ直ぐな目線の先で
「手段」の意味を探しながら
臨んだレコーディングは
何にも変え難い時間でした。
スタッフの皆さまにも支えて頂いて
無事に録り終えることができ、本当に感謝でいっぱいです。

つばめという1人の少女が
生きている“今”にも
この曲を通して少しだけ触れて頂けたら幸いです。

――清原果耶

映画を見終わるとすぐにつばめちゃんの声が曲にのって聞こえてくるようでした。
私達は皆、傷付け傷付き、愛され愛を求め、そして愛を伝えていく生命活動を
懸命にくり返しながらそれぞれの人生を歩いていくのだというメッセージを、
清原果耶はその圧倒的な透明感をもって見事に歌い上げてくれました。

――Cocco

拡大表示


拡大表示


拡大表示



© 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会

■2020年9月2日(水)発売
清原果耶
「今とあの頃の僕ら」

初回生産限定盤 CD + DVD VIZl-1789 2,000円 + 税
通常盤 CD VICL-37556 1,300円 + 税
「今とあの頃の僕ら」を含む全3曲収録
初回生産限定盤には、「今とあの頃の僕らMV他収録予定。
※c/w曲詳細、初回限定盤DVD収録内容など詳細は後日発表。

「宇宙でいちばんあかるい屋根」
2020年9月4日(金)公開
uchu-ichi.jp
配給: KADOKAWA
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015