ニュース

“ウクレレ・マイスター”キヨシ小林、11年ぶりに新作『ウクレレ少年62』をリリース

キヨシ小林   2018/04/18 12:31掲載
はてなブックマークに追加
 マヌーシュ・スウィングを基調としたギター / ウクレレ奏者のキヨシ小林が11年ぶりにオリジナル・アルバム『ウクレレ少年62』(RPOL-10006 2,500円 + 税)を4月18日(水)にリリース。自身のルーツであるマヌーシュ・ジャズをベースに、独自のジェントリーな感覚でさらに洗練されたサウンドで“2018年のキヨシ小林”を示す内容となっています。

 キヨシ小林は、ギター / バンジョー / ウクレレ奏者として、1975年に高田 渡なぎら健壱らのバンドで活動を開始。88年にはフランスで毎年行なわれる〈ジャンゴ・ラインハルト・フェスティヴァル〉に、日本人として初めて出演を果たしました。現在は自身の演奏活動のほか、教則本の監修やイベントのプロデュースなど後進の育成も手がける日本を代表するマルチ・ストリングス奏者です。

 ウクレレ・ソロでクラシック・レパートリーを取り上げた前作『ウクレレ★アダージョvol.2』から11年ぶりとなる本作には、オリジナル曲ははもちろん、「マイ・メランコリー・ベイビー」「オール・ザ・シングス・ユー・アー」「ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス」といったスタンダードから、2017年に公開された映画『永遠のジャンゴ』で再度注目を浴びたジャンゴ・ラインハルトのレパートリー、60年代ブラジル・ジャズボッサのピアニストのマンフレッド・フェストのナンバー、ザ・ローリング・ストーンズの60年代の代表曲「黒くぬれ」まで、幅広い楽曲を収録しています。

■2018年4月18日(水)発売
キヨシ小林
ウクレレ少年62

RPOL-10006 2,500円 + 税

[収録曲]
01. ロッカバイ・ユア・ベイビー
02. マイ・メランコリー・ベイビー
03. カイマナヒラ
04. ベルヴィル
05. くじら山ボッサ
06. 三宅坂ジャンクション
07. シャイン
08. ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス
09. セレスタ
10. 黒くぬれ
11. オール・ザ・シングス・ユー・アー
12. えんどうまめのワルツ


[演奏]
キヨシ小林(ukulele)
小林なお(g)
長山雄治(b)
川又瑞代(vn)

[録音]
2018年2月
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015