ニュース

マリリン・マンソン新作『ザ・ハイ・エンド・オブ・ロウ』発売! 放送禁止用語を連発!

マリリン・マンソン(Marilyn Manson)   2009/05/20 16:28掲載
はてなブックマークに追加
マリリン・マンソン新作『ザ・ハイ・エンド・オブ・ロウ』発売! 放送禁止用語を連発!
 旧友トゥイギーのバンド復帰により完全復活を果たしたマリリン・マンソン。5月20日に日本先行発売でニュー・アルバム『ザ・ハイ・エンド・オブ・ロウ』を発表!

 『アンチクライスト・スーパースター>』『メカニカル・アニマルズ』『ホーリー・ウッド』の3部作にベーシストとしてのみならず、ソング・ライティング面においても大きく貢献したトゥイギーの復帰は、マンソン・ファンの間では“事件”とも言われ、特に初期マンソンを知っている往年のファンにはたまらないトピックだったのでは? そんなファンの心境に応えるべく、各国の発売元レコード会社は大々的にリリース・キャンペーンを行ないたいところでしたが、ラジオやTVのメディアでは1stシングルのタイトルが“完全放送禁止用語”のため新曲を紹介できず、関係者を困らせていたとのこと。

 そのシングルのタイトルは「アルマ・ガッデム・マザーファッキン・ゲッドン」。本人の解釈によると、“アルマゲドン”に“こんちくしょう”と“クソ忌々しい”を混ぜ込んだマンソン流用語であり何ら問題は無い、と余裕の発言。しかしながら、歌詞の内容からしてオンエア不可となったことを受け、バンド側は放送禁止用語の部分を削除したいわゆる“クリーン・バージョン”を制作したものの、結果的に削除部分が多すぎ、放送自粛の方向に変わりはなく……。

 なお現在、シングル以外のアルバム音源は、発売日以降のオンエア解禁となっていたため、これまで紹介したくてもできなかった各メディアは、ようやく安心して“待望の新作”を取り上げ始めています! ちなみにアルバム収録曲「アイ・ウォント・トゥ・キル・ユー・ライク・ゼイ・ドゥ・イン・ザ・ムーヴィーズ」(訳:オレはお前を映画風に殺したい)というタイトル曲も注視されているとのこと……。

 「俺の人生は一度終わって、また始まった。アルバムには絶望感が漂うが、同時に希望も感じられる。すごく違和感のある言葉だけどね。アルバムは炎から生まれた火の鳥であり、償いの復活なんだ」とマンソンが語る『ザ・ハイ・エンド・オブ・ロウ』。ぜひお試しを!

(Photo by Delaney Bishop)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015