ニュース

マリス・ヤンソンス、最後の演奏会を収めるアルバム『ラスト・コンサート』が発売に

マリス・ヤンソンス   2020/10/01 14:21掲載
はてなブックマークに追加
マリス・ヤンソンス、最後の演奏会を収めるアルバム『ラスト・コンサート』が発売に
 2019年に急逝した名指揮者マリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)が、亡くなる約3週間前の11月8日に米ニューヨークのカーネギーホールで首席指揮者を務めるバイエルン放送交響楽団とともに行なった、彼の最後の演奏会の模様を収録するアルバム『ラスト・コンサート』(CD NYCX-10174 2,500円 + 税)が11月6日(金)に発売されます。

 体調不良を押して開催し、「ひとたび指揮台に立つと、驚くほど生気のみなぎった演奏を繰り広げ」「数十年にわたる音楽への献身に加え、その不屈の精神によってニューヨークの聴衆から敬意に満ちた心からの喝采を受けた」と人気ウェブサイト「Seen and Heard International」で報じられたこの日の公演を最後に、ヤンソンスは演奏会をすべてキャンセルしました。

 公演で演奏されたのは、彼が生涯愛したリヒャルト・シュトラウスの「歌劇《インテルメッツォ》からの4つの交響的間奏曲」と、「4つの最後の歌」が前半、後半はブラームスの交響曲第4番。CDには「4つの最後の歌」以外を収録しています。

 国内盤・輸入盤共通の初回特典として、ヤンソンス&バイエルン放送響の全コンサート記録とBR-KLASSIKでのディスコグラフィを掲載する全64頁の特性パンフレットが付くほか、国内盤ブックレットには原盤解説「人と音楽」の邦訳に加え、ヤンソンスと縁の深かった日本人3人が寄稿、関係者ならではのエピソードを掲載しています。

©︎Astrid Ackermann

ナクソス・ジャパン
naxos.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015