ニュース

ドキュメンタリー『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』“眠りの世界に誘い込む”本予告編公開

マックス・リヒター   2021/02/04 13:01掲載
はてなブックマークに追加
ドキュメンタリー『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』“眠りの世界に誘い込む”本予告編公開
 『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』が、3月26日(金)より東京・新宿シネマカリテ、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国ロードショー。予告映像が公開されています。

 本作は、米ロサンゼルス野外のグランドパークや豪シドニーのオペラハウス、ベルギー・アントワープの聖母大聖堂など世界各地のシンボリックな場所で次々と開催し話題をさらった“眠り”をテーマとするまったく新しいスタイルのコンサート〈スリープ〉の全貌とその裏側を、このコンサートを企画、そして「スリープ」の作曲・演奏も手掛けた音楽家マックス・リヒターの素顔とともに追いかけた珠玉のドキュメンタリー。観客は開演した真夜中から明け方まで、会場に並べられたベッドに横たわり“眠っている間に聞くために作られた8時間以上に及ぶマックス・リヒターの「スリープ(SLEEP)」ライヴ演奏を聴きます。そしてそのまま本当に眠ってしまったり、歩き回ることも自由となっています。

 公開されている予告編では、「スリープ公演へようこそ、8時間の子守歌です」とマックス・リヒターからの観客への呼びかけから映像は始まります。そのままピアノの前に腰掛けるリヒター。これから真夜中から明け方まで、ベッドに横たわって聞く、8時間以上に及ぶ眠りのための演奏が始まります。「規則はありません。聴くのも寝るのも自由です」本イベントのルールについて説明するリヒターの声に誘導されながら、ベッドの上で、流れる音楽に静かに聴き入る女性の姿が映し出されます。続いて切り取られたのは、世界各地での〈スリープ〉公演の模様。ロサンゼルス・グランドパーク、シドニーのオペラハウス、ベルギーのアントワープの聖母大聖堂――いずれの会場でも共通するのは、演奏舞台の前にはずらりと並ぶベッドと、そこで横たわりながら音楽を聞く観客がいるということ。

 脳科学者のデイヴィッド・イーグルマンが「彼が目指したのは深いノンレム睡眠時の脳波とリズムが調和する音楽を作ることだ」と解説するように、リヒターは「『スリープ』は、睡眠状態の心と対話するための音楽」「子宮内の胎児の聴覚環境を再現した」のであり「加速し続ける現代の生活に無言の抗議の意味を込めこの作品を作った」と“眠り”をテーマにしたこの異色コンサートへの想いを語ります。最後、夜明けの時間が近づくと共に、それまで奏でられていた眠りのための音楽が終わりに近づいていき、それとともに美しい歌声を伴った目覚めるための音楽へと移り変わっていく様子がリヒターにしか作り上げることのできない、圧巻の“音の美しさ”を伴った映像となっています。


© 2018 Deutsche Grammophon GmbH, Berlin All Rights Reserved

『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』
2021年3月26日(金)より東京 新宿シネマカリテ、東京 ヒューマントラストシネマ渋谷、東京 ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
max-sleep.com
配給: アット エンタテインメント
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015