ニュース

ピアニストのメナヘム・プレスラー、94歳にして「ドイツ・グラモフォン」よりソロ作をリリース

メナヘム・プレスラー   2018/03/22 16:29掲載
はてなブックマークに追加
 自身が1955年に結成したボザール・トリオを2008年に解散させ、その後ソリストとして活動しているピアニストのメナヘム・プレスラー(Menahem Pressler)による、94歳でドイツ・グラモフォンからソロ・デビューを果たしたアルバム『月の光〜ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ: 作品集』(UCCG-1792 2,800円 + 税)が3月21日(水)に発売されます。

 本作はドイツ・グラモフォンの“ピアノ・マスターズ・シリーズ”の1枚にして、ドビュッシー没後100年を記念するもの。また、最高齢でのドイツ・グラモフォン・ソロ・デビュー作となります。

 プレスラーは90歳でベルリン・フィルと初共演。繊細なタッチによる美音と豊かなアーティキュレーション、深い音楽性で人気を獲得しました。本作にはドビュッシーの楽曲をメインに、フォーレラヴェルらの楽曲を組み合わせて収録。これらフランス音楽作品は、1946年にサンフランシスコで開催された〈ドビュッシー国際ピアノ・コンクール〉で第1位を獲得。国際的な活躍を始めたプレスラーにとって、重要なレパートリーにあたります。

■2018年3月21日(水)発売
メナヘム・プレスラー
月の光〜ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ: 作品集

UCCG-1792 2,800円 + 税

[収録曲]
01. ドビュッシー: 2つのアラベスクL.66〜アラベスク第1番
02. ドビュッシー: 夢L.68
03. ドビュッシー: ベルガマスク組曲L.75〜月の光
04. ドビュッシー: 子供の領分L.113〜小さな羊飼い
05. ドビュッシー: レントより遅くL.121
06. ドビュッシー: 前奏曲集第1巻L.117〜デルフィの舞姫
07. ドビュッシー: 前奏曲集第1巻L.117〜ヴェール(帆)
08. ドビュッシー: 前奏曲集第1巻L.117〜亜麻色の髪の乙女
09. ドビュッシー: 前奏曲集第1巻L.117〜沈める寺
10. ドビュッシー: 前奏曲集第1巻L.117〜ミンストレル
11. フォーレ: 舟歌第6番変ホ長調op.70
12. ラヴェル: 亡き王女のためのパヴァーヌM.19
13. ラヴェル: 鏡M.43〜悲しげな鳥たち


[演奏]
メナヘム・プレスラー(p)

[録音]
2017年4月4〜7日 パリ
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015