ニュース

メタリカ来日記念キャンペーン実施! リマスター紙ジャケやBIG4の豪華パッケージなど、強力タイトルが目白押し!

メタリカ(Metallica)   2010/09/13 16:07掲載
はてなブックマークに追加
 9月25日(土)、26日(日)に、さいたまスーパーアリーナにて4年ぶりの来日公演を行なうメタリカ。それを記念して強力アイテムを取り揃えた来日キャンペーンが行なわれます!

 まずは、これまでファンが熱望していたカタログのリマスター再発。1stアルバム『キル・エム・オール』から最新作『デス・マグネティック』(写真)までの11タイトルが、US初期アナログ盤を復刻した紙ジャケット、高音質なSHM-CD仕様で9月25日にリリースされますが、この内、『キル・エム・オール』から5thアルバム『メタリカ』までの5作品に、USアナログ・マスターを基にした2010年の最新リマスター音源が使用されています。現行のCD盤は、現在の基準からすれば音量も低く、古さは否めませんでしたが、今回のリマスター盤はSHM-CDの効果もありサウンドの迫力はケタ違い。

 昨年はビートルズのリマスター盤が世界中で大きな話題をさらいましたが今回のメタリカのリマスターは、何と日本のみで実現。これはまさに快挙といえるでしょう。なお6thアルバム『LOAD』以降のタイトルについても、USエレクトラから直送されたマスターが新たに採用されています。

 紙ジャケはUSアナログ盤を忠実に再現していますが、特筆すべきは『ガレージ・インク』で、これには、1987年にリリースされたUS盤12インチ『THE $5.98 E.P.- GARAGE DAYS RE-REVISITED』(楽曲はすべて『ガレージ・インク』に収録)を再現した紙ジャケが、ボーナスとして付属しています。

 もうひとつの目玉がメタリカほか、スレイヤーメガデスアンスラックスというスラッシュ・メタルの四天王が競演したライヴを収録したDVD『ザ・ビッグ・フォー〜史上最強の夜!』(10月27日発売)。残念ながら今回の来日公演では実現することのなかった超豪華な揃い踏みを体験するには、このDVDを見るしかありません。映像は今年の6月22日に、ブルガリアはソフィアで行なわれた<Sonisphere Festival!!!>を収録したもので、初回限定のスーパー・デラックス・エディションには、DVD2枚に加えて、各アーティストのコンサートをそれぞれ収録したSHM-CD5枚(メタリカのみ2枚)のほか、24頁カラー・ブックレットや、フェスティヴァルのポスター、各バンドのカラー・フォト、特製ギター・ピックも封入された豪華な仕様となっています。

 ほかにも、これまでは中南米のみでリリースされていた、2009年のメキシコでのライヴを収める2DVD+2SHM-CD『ライヴ・イン・メキシコ〜栄光の一夜!』や、BIG4の一翼を担うメガデスの、名盤『ラスト・イン・ピース』発売20周年を記念して行なわれたライヴを収録したDVD+SHM-CD『ラスト・イン・ピース・ライヴ』もラインナップ。

 対象商品に貼られている点数を集めて応募すれば、有名ブランドNEIGHBORHOODとのコラボレーションによるライダースジャケットやTシャツが当たるプレゼント・キャンペーンも実施されます。詳しくはメタリカの国内オフィシャルサイト(metallica-hm.jp)を要チェック!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015