ニュース

ももクロがアニメに! 『かよえ!チュー学』とコラボ!

ももいろクローバーZ   2011/07/01 15:38掲載
はてなブックマークに追加
ももクロがアニメに! 『かよえ!チュー学』とコラボ!
 東海テレビにて毎週月曜〜木曜の24:35から放送されているショート・アニメ『かよえ!チュー学』(通称「かよチュー」)。東海テレビでの放送のほか、Facebook上に「かよチュー」専用ページを設け、東海エリア以外の視聴者も巻き込んでいくという新スタイルにて作品を展開し、話題を呼んでいます。

 そんな「かよチュー」がこの度、飛ぶ鳥を落とす勢いで話題急上昇中のアイドル、ももいろクローバーZとコラボ! ももクロメンバーが「かよチュー」仕様のキャラクターに変身&登場、メンバー全員が自身のキャラクターの声優をつとめています。公開スケジュールは、Facebook(http://www.facebook.com/kayochu)でご確認を。

 6月某日、都内スタジオでは、今回の“かよチュー×ももクロ”コラボのために書き下ろされた4本のシナリオ「ももクロと自己紹介」「ももクロとアンコール」「ももクロとアルバム」「ももクロと楽屋」のプレスコ収録(セリフや音楽・歌を先行して収録する手法)が行なわれました。

 お笑いコンビ・なすなかにし那須晃行&中西茂樹)の2人が演じるキャラクター“モリノ”と“ワダ”の強烈な個性に、テスト段階では爆笑していたももクロメンバーでしたが、収録本番となるとメンバーそれぞれの個性を最大限に生かし、順調な滑り出し。「かよチュー」の監督・脚本をつとめる新海岳人監督による丁寧な演技指導にも即座に対応、待機時間中はメンバー同士で発音イントネーションを率先して確認するなど、気合いも十分! 東海テレビでの本放送、そしてFacebookでの配信をお楽しみに。


ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ


【ももクロ「かよチュー」インタビュー】

――収録を終えての感想について。

百田夏菜子 「本っ当に楽しかったです! 出来あがりが早く観たいです!」
玉井詩織 「映像がない状態での収録だったので、何も考えることなく自分らしく出来ました!」
佐々木彩夏 「私も中学生なので、本当に学校で起きてもおかしくないような内容でとてもリアルでおもしろかったです。キャラクターの個性もおもしろいなーと思いました!」
有安杏果 「普段家では関西弁なので、すごく親近感がわきました」
高城れに 「ノリとツッコミの独特さがすごく好きです」

――収録で難しかった点や、「ここを見てほしい!」という点について。

百田 「モリノくん、ワダくんとのももクロのからみ! めっちゃおもしろいです!」
玉井 「私は話を聞かない人の役をやりました。わざと話を聞かないのは、難しかったです!」
佐々木 「今回、こうやってコラボさせていただけてとてもうれしいです! 私たちは私たちなりに頑張ったので、楽しんでいただけたらと思います。ぜひ観てくださいっ」
有安 「今回こうしてコラボができて、ももクロがアニメに……! とても面白い作品になってると思うので、お楽しみに」
高城 「すごく今までにない独特+独特の組みあわせです。モリノさんワダさんの勢い、ノリに負けないように頑張ったので、ぜひ見て楽しんでくれたらいいなと思います!」

――「かよえ!チュー学」の印象について。

百田 「1人1人のキャラが濃くて、すごくおもしろいなーと思いました。ある意味ももクロと少し似てるなーって(笑)」
玉井 「モリノは、あの顔からは想像できない声で面白かったです。ワダのツッコミも最高でした!」
佐々木 「とても楽しかったです! 時間内におさめるために急いだら短すぎたり難しい所もたくさんあったけど、よい経験になりました! ありがとうございました」
有安 「普段家では関西弁なので、収録中はワダの関西弁がうつりそうでした(笑)。すごくリラックスしていつもの自分で収録できて楽しかったです」
高城 「みんな一緒のブースで収録して、いつもと違った感じですごく楽しかったです」

――ファンのみなさんへのメッセージ。

百田 「すごく楽しい番組になってると思います! ももクロらしさも全開なので楽しみにしててください!」
玉井 「ももクロZらしさがたっぷりつまっているし、モリノとワダのコントがめっちゃ面白いと思うのでお楽しみに!」
佐々木 「声だけで表現するのは難しいなあと感じました。チョウチンアンコウの名前を読むところをなるべく棒読みにならないように頑張ったつもりなので、聞いてほしいです(笑)」
有安 「全く作ってない、素のいつもの私達が会話している感じなので、そこが見所ですかね〜!?」
高城 「声だけで表現しなきゃだし、時間も限られているから、“ちょい早めに”とか“もっと元気に”といった演出が難しかったけど、頑張ったので観てほしいです」

■「かよチュー」×「ももクロ」コラボ企画
【TV放送&Facebook公開スケジュール】


<東海テレビ>
7月 7日(木)「ももクロと自己紹介」
7月14日(木)「ももクロとアンコール」
7月21日(木)「ももクロとアルバム」
7月28日(木)「ももクロと楽屋」

<Facebook内「かよえ!チュー学」ページ>
各話、東海テレビ放送後の翌日金曜午前中に公開予定。

(C)「かよチュー」実行委員会
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015