ニュース

〈Pied Piper Days〉シリーズ新作はレア曲たっぷり、女性シンガーのコンピレーション

長門芳郎(NAGATO YOSHIRO)   2018/11/09 13:59掲載
はてなブックマークに追加
 長門芳郎が監修する〈Pied Piper Days〉シリーズの第3弾コンピレーションで、シリーズ初の女性シンガー楽曲集『コロンビア・グルーヴィー・ソングバーズ』(SICP-31221 2,000円 + 税)が11月28日(水)に発売されます。

 ジョニー・ソマーズドリス・デイといった有名シンガーから、ラニー・シンクレア、ルグラン・メロンといったマニアの間で人気のシンガーまで、60年代に黄金期の米コロンビア・レーベルからリリースされた音源より名曲、レア曲を24曲収録。テオ・マセロジョン・サイモンテリー・メルチャージャック・ニッチェ、チャーリー・カレロら、名プロデューサー / アレンジャーの“いい仕事”をコンパイルしています。収録曲のうち世界初CD化が10曲、日本初CD化が12曲。このシリーズならではの内容となっています。

■2018年11月28日(水)発売
コロンビア・グルーヴィー・ソングバーズ
SICP-31221 2,000円 + 税

[収録曲]
01. ハッシュ、ドント・クライ / ボニー・ハーマン **
02. ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア / ボニー・ハーマン *
03. ラヴ・ソング、ラヴ・ソング / ジョニー・ソマーズ **
04. ネヴァー・スロー・ユア・ドリームズ・アウェイ / ジョニー・ソマーズ
05. ソーリー / ドリス・デイ
06. レインボー・エンド / ドリス・デイ **
07. バイ・バイ / ラニー・シンクレア **
08. ウェイリング・ワルツ / ラニー・シンクレア **
09. グロウイン・マイ・オウン / ルグラン・メロン *
10. サマータイム / ルグラン・メロン *
11. イット・クッド・ハプン / ポーラ・ウェイン *
12. イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ / ポーラ・ウェイン *
13. ユー・レット・ヒム・ゲット・アウェイ / リズ・ヴェルディ *
14. シンク・イット・オーヴァー(・アンド・ビー・シュア) / リズ・ヴェルディ **
15. アイ・ラヴ・オニオンズ / スーザン・クリスティ **
16. トイ・バルーン / スーザン・クリスティ *
17. ゴナ・メイク・ヒム・マイ・ベイビー / エイプリル・ヤング **
18. ディス・タイム・トゥモロー / エイプリル・ヤング *
19. ティル・ユー・カム・バック・トゥ・ミー / パティ・ペイジ **
20. ユー・ドント・ニード・ア・ハート / パティ・ペイジ **
21. ミセス・ジョニー / パティ・マイケルズ * 
22. ゼイアー・ダンシング・ナウ / パティ・マイケルズ **
23. ユーアー・テイキング・ミー・フォー・グランテッド / バーナデット・ピーターズ *
24. ウィル・ユー・ケア・ホワッツ・ハプニン・トゥ・ミー、ベイビー / バーナデット・ピーターズ **
*=世界初CD化(10曲)、**=日本初CD化(12曲)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015