ニュース

渚ようこが自らのレーベルから2枚組ライヴ・アルバムを発表! 噂のサイケ・バンド“シベールの日曜日”の2ndも!

渚ようこ   2010/10/05 15:23掲載
はてなブックマークに追加
渚ようこが自らのレーベルから2枚組ライヴ・アルバムを発表! 噂のサイケ・バンド“シベールの日曜日”の2ndも!
 1994年のデビュー以来、“歌謡歌手”として、クラブ・イベントへの客演から刑務所慰問まで幅広い活動を展開しているシンガー、渚ようこ。彼女が自ら主宰するレーベル「Sound Of Elegance」より2枚組ライヴ・アルバム『あなたにあげる歌謡曲“NAGISA”篇』(写真 / DISK1 SOE1010 / DISK2 SOE1011 税込3,500円)を10月6日に発表します。

 2010年5月に銀座BLDギャラリーで開催された写真家・森山大道による渚ようこの写真集『NAGISA』の発売を記念して行なわれたイベント・ライヴの模様を曲間のMCも交え臨場感たっぷりに伝える実況録音盤。渚ようこが歌謡曲のナンバーを歌う中、イラストレーター宇野亜喜良が森山大道の写真の上から絵を描くという豪華で贅沢な時間が収められています。

 また、このライヴにもギタリストが参加している函館出身のサイケデリック・バンド、“シベールの日曜日”の2ndアルバム『Sundays&Cybele II』(SOE1012 税込2,300円)も同じく「Sound Of Elegance」より同時リリースされます。裸のラリーズを彷彿とさせる爆音のライヴで噂を呼んでいる彼ら。今作はバンド最大の特徴であるディストーションの効いた爆音サウンドを抑えたリリシズム溢れる作品に仕上がっています。


【渚ようこアルバム情報】

※10月6日発売
『あなたにあげる歌謡曲“NAGISA”篇』
(DISK1 SOE1010 / DISK2 SOE1011 税込3,500円)

[ディスク1]
01.どうぞこのまま
02.宇野亜喜良さんの紹介~MC
03.逃避行
04.森山大道さんの紹介~宇野さんとのコラボレーションについて(MC)
05.花と小父さん
06.「蒼ざめた馬...」(MC)
07.燦めく(ルビ・きらめく)星座
08.二十歳の頃
09.「ピエールとシベール」(MC)
10.NAGISA
11.エマニエル夫人
12.「ちょっと休憩をしませんか?」(MC)
13.謎の女B

[ディスク2]
01.ロンリーカナリア
02.ラブホテル
03.阿久悠さんの思い出と宇野さんとの出会いについてのおはなし(MC)
04.ク・ク・ル・クク・パロマ
05.「なぜか・・・実存の話に・・」(MC)
06.八月の濡れた砂
07.森山さんとの出会いについて(MC)
08.舟歌~皇帝ジョーンズ~
09.朝日のようにさわやかに
10. 海つばめ~ここは静かな最前線
11. サマータイム
12. 宴のあとの調べとざわめきの中で(インスト)

【シベールの日曜日アルバム情報】

※10月6日発売
『Sundays&Cybele II』
(SOE1012 税込2,300円)

[収録曲]
01.cold morning
02.二人の黒い物語
03.hermes
04.白詰草
05.attalea princeps
06.夜の恋人達
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015