ニュース

新感覚バラエティ・ショー第2弾「コントと音楽 vol.02〈他人関係〉」9月開幕

中川大志   2020/07/08 13:26掲載
はてなブックマークに追加
新感覚バラエティ・ショー第2弾「コントと音楽 vol.02〈他人関係〉」9月開幕
 『荒川アンダー ザ ブリッジ』シリーズや『虹色デイズ』などで知られる映画監督 / 脚本家 / 小説家 / 舞台演出家の飯塚 健が手掛ける新しい形のエンタテインメント「コントと音楽」の第2弾「コントと音楽 vol.02〈他人関係〉」が、9月11日(金)から14日(月)まで神奈川・モーション・ブルー・ヨコハマで開催決定。

 今回は『坂道のアポロン』「覚悟はいいかそこの女子。」など映画・ドラマで大活躍、本公演で初のライヴ・ステージを飾る俳優、中川大志をはじめ、足立梨花関めぐみ前野朋哉山中 聡、荒井愛花、遠藤祐美らを起用し、“他人関係”をテーマとしたオムニバス仕立てのショーを繰り広げます。いわゆる“演劇”というスタイルではない、手が届きそうな距離で繰り広げられるコントと“聞き耳&盗み聞き”をしているかのような絶妙なストーリー、そしてキャストによる“歌”でコントの“オチ”を飾るという新感覚のバラエティ・ショーとなっています。

[コメント]
一番最初に飯塚さんとお仕事をご一緒したのは「REPLAY&DESTROY」です。オーデションだったんですけど、とてつもない人数だったんですよ。若手をたくさん呼んでいて、年齢層も広かったのを覚えてます。監督の第一印象は鋭かったです(笑)。存在感というか威圧感というか……とにかくピリっとしてました。そこからショートフィルム(『全員、片想い』/'16)を一緒に撮って、『虹色デイズ』('18)をやって……あとは「ステップ」ですね、こちらはほんのちょっとですけど。関係値はすごく近いです。プライベートで一緒に飲みに行くことも多いし。 前回の公演(「コントと音楽 vol.01」)を昨年12月にやってるっていうのは話は聞いていて。案内もいただいてたんですが、行けなくて。年明けですかね?監督と2人でご飯に行って。。そのときに12月の公演のときの話を聞いて。監督から12月の公演の手応えというか、一緒にやったチームの話とかを聞いて。監督が「一緒にやってすごく面白かったし、またやりたい」とおっしゃってて。僕もその話を聞いてやりたいなって思ったんです。こういう企画ってこれまでなかったと思うんです。コントも音楽もあって、ひとつのショウとして成立させるっていうチャレンジングな姿勢というか。音楽、芝居、お酒、食事を含めてお客さんと一緒に空間を作っていくっていうところにやりがいを感じたんですよね。 今回のキャストの中で生の舞台を踏んだことないのって僕だけなんじゃないかな。そういう意味では緊張もあるんですけどワクワクの方が強くって。どんなショウになるのか、今から楽しみですし、むしろ早くやりたいって気持ちの方が強いので。コントに関しては「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」(NHK)で何年かやらせていただいていますが、こんな贅沢な空間で大人の遊び場を作っていけるというのは楽しみで仕方がないです。ステージとして気軽にたてる舞台でもないと思うので、とても楽しみにしてます。だから飯塚監督のアイディアとともに、モーションブルー・チームの皆さんと、この空間で一緒に何かを作っていけるこの機会はすごくワクワクしているし、こういう状況(コロナ)でもありますから、いろいろやれること、できないことってあるとは思うんです。その辺は考えながら、一緒にやっていければなって思ってます。 監督が「たまたま横浜を夜歩いているひとが、ふらっと赤レンガ倉庫に来てみたら、こういうショウをやってて、それがいい思い出になればいい」とおっしゃっていて。その言葉がすごくいいなって思ってるんです。たまたま立ち寄った店でやってた公演に参加しているただのひとりでしかないというか(笑)。この空間を忘れられない特別な空間にできればいいなって。お客さんの特別な思い出の空間になればいいなって思ってます。
――中川大志

飯塚監督とは「噂の女」(2018年)っていうドラマ以来なので約2年ぶりなんです。去年の年末に「コントと音楽」vol.01は観に行ったんです。オファーをいただいたのはその直後なんですけど、コントがあって、生演奏があって、なかなか他では観ることができないすごいチャレンジングな企画じゃないですか。なので私としては“闘い”を挑まれたなあって、そんな印象なんです(笑)。飯塚さんの現場って他と違うのが終わった後に戦友意識が生まれるんですよね。今回もそんな意識が終わったあとに芽生えるような公演になるといいなあって思ってます。
――足立梨花

今回は私が唯一前回も参加しているキャストなんですが、とにかく前回はすっごい緊張したなあって思いがありますので(笑)こうして2回目のお話をいただけたことを光栄に思いつつ、前回の緊張感をあらためて思い出してます。初めて飯塚監督の作品に出演したのが12年前(映画『彩恋 SAI-REN』)なんですが、すごく縁を大事にされる方なんですよね。そういう意味で今回もオファーをいただけたことは縁だと思ってますので、そこを大事にして、私も含め皆さんが楽しめる公演にしていければと思ってます。
――関めぐみ

『大人ドロップ』('14)って映画で初めてご一緒して。その後に映画『笑う招き猫』('17)です。今回はそれ以来の飯塚作品なのでとても楽しみにしております。そいえば去年の年末だったと思うんですが新宿のアルタ前で飯塚さんっぽい人がいるなって思ってLINEしたんですよ。そしたら“ああ、いたよ”と(笑)。このお話のオファーがきたのがその直後だったので思い出してくれたのかもしれませんね(笑)。僕はR&Bとか実は大好きで、こういう大人の空間、ライブレストランにはお客さんとして一度は行ってみたかったので、出演者としてその願いが叶うとは思ってもなかったので少々緊張しておりますが、いいものにしたのでどうぞよろしくお願いします(笑)。
――前野朋哉

一番最初にご一緒させていただいたのが『放課後グルーヴ』('13)っていう深夜ドラマでして。それがあって『風俗行ったら人生変わったwww』('11)、『GTO』('14)は1話だけゲストでご一緒したんですけど。この話がきたときはすごく嬉しかったです。楽しいだけじゃなくて、笑えるんだけど悲しさがあるというか。その辺が深いんです。ありきたりなんですけど楽しく、いい意味でお互い刺激を与えられるような現場になるといいなって思います。

――山中 聡

飯塚さんとは去年の春ぐらいに出会って、今回オファーをいただいたときはとても嬉しかったです。特に「REPLAY&DESTROY」('15)はすごく好きな作品なので光栄でした。前回の「コントと音楽」を観劇したのですが、生演奏でとても贅沢だし料理も美味しかったです(笑)。自分なりにイメージは掴んでいるつもりでいますが、観劇後には誰かの背中をそっと押せるような作品に出来たらいいなぁと思っています。私自身コントは初挑戦で、今回飯塚監督のもとで実現できるのはとても楽しみです。
――荒井愛花

一昨年の12月ぐらいに知り合って、お仕事で初めてご一緒させていただいたのは山田孝之さん主演の「ステップ」で、亡くなった奥さんの声を担当させていただいて、それ以来なのでとても楽しみにしてます。ちなみに飯塚さんの作品で一番好きなのは「神奈川県厚木市ランドリー茅ヶ崎」('16)です。前回の公演は観させていただいていて、なかなかコントあって音楽を生演奏してっていう公演はないじゃないですか。観てて知らず知らずにニヤニヤしてたりしてて(笑)、そんな公演に自分が参加出来るっていうのは光栄だなって思いもありつつ、内心はドキドキしてたりしています。お客さんには観終わった後、“なんかいいもの観たなあ”“なんかホッとしたなあ”って気持ちになっていただけると嬉しいですね。
――遠藤祐美

拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


コントと音楽 vol.02「他人関係」
2020年9月11日(金)〜14日(月)
神奈川・モーション・ブルー・ヨコハマ
www.motionblue.co.jp/special/conte-to-ongaku
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015