ニュース

ネイザン・イースト、2ndアルバムから3曲の先行配信がスタート 特設サイトもオープン

ネイザン・イースト   2016/12/22 13:42掲載
はてなブックマークに追加
 世界最高峰ベーシストのひとりネイザン・イースト(Nathan East)が、2014年の初ソロ・アルバム『ネイザン・イースト』に続く約3年ぶりのアルバム『レヴェランス(Reverence)』をリリース。ボーナス・トラックを追加収録した国内盤(CD YCCW-10295 2,500円 + 税)の日本先行発売が2017年1月11日(水)に決定しています。これに先駆け、12月21日よりiTunes Store、レコチョク、moraほか各サイトにて収録曲「Lifecycle」「Feels Like Home」「Serpentine Fire」の3曲がで先行配信がスタート。

 「Serpentine Fire」は、「太陽の戦士」の邦題で知られるアース・ウインド&ファイアー名曲。今回のカヴァーにあたり、ネイザンが実弟マルセル、エリック・クラプトン(g)、フィル・コリンズ(dr)と共に1991年に行ったレコーディングのアナログ・テープをベースとして使用。ネイザン・イーストのエンジニアを長年務めるムーギー(Moogie Canázio)が25年に亘る捜索を経て、パティ・オースティンの地下室で発見したこのテープは、オーブンに入れ50〜55度で乾燥させることでプレイバックを可能にする“テープ・ベーキング”の作業を挟んでデジタルリマスター。フィリップ・ベイリーがヴォーカル、ヴァーディン・ホワイトがもうひとつのベース・パート、ラルフ・ジョンソンがパーカッションを加えることで楽曲が完成。

 YouTubeでは、テープ・ベーキングが成功したことを関係者と共に大喜びするネイザン・イーストの姿や、フィリップ・ベイリー、ヴァーディン・ホワイト、ラルフ・ジョンソンがレコーディングのためスタジオをに訪れる様子などが収められたメイキング映像が公開されています。


 また、「Serpentine Fire」メイキング映像や、これまでに公開された各種プレビュー動画、アルバムのクロスフェード動画、アルバム購入特典情報などが一挙掲載された特設サイトも開催されています。

拡大表示拡大表示


■2017年1月11日(水)
Nathan East
『Reverence』

CD YCCW-10295 2,500円 + 税

[収録曲]
01. Love's Holiday(feat. Philip Bailey)
02. Lifecycle
03. Elevenate
04. Serpentine Fire(feat. Philip Bailey, Verdine White and Ralph Johnson of Earth, Wind & Fire)
05. Feels Like Home(feat. Yolanda Adams)
06. Higher Ground(feat. Kirk Whalum)
07. The Mood I’m In(feat. Nikki Yanofsky)
08. Over The Rainbow(feat. Noah East)
09. Shadow
10. Pasan
11. Why Not This Sunday(feat. Ruben Studdard)
12. Until We Meet Again
13. April *
14. Cantaloupe Island *

* 日本盤ボーナス・トラック
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015