ニュース

小田和正、史上最年長ドームツアー終了! 新曲ドラマ主題歌も決定

小田和正   2008/12/22 15:57掲載
はてなブックマークに追加
 4月5日の静岡エコパアリーナを皮切りにスタートした小田和正の全国ツアー“今日も どこかで”(全国29ヵ所/52公演、33万人動員)。東京、名古屋、大阪ドームでの追加公演(3ヵ所/4公演、20万人動員)、“きっと またいつか♪今日も どこかでFINAL♪”自身最大総動員数53万人を超えるツアーも、12月20日に無事ファイナルを迎えました!

 スケジュールの発表時から、各地で異常なまでのチケット争奪戦が繰り広げられ、公演終了後を含め、追加公演を求める声がイベンターに殺到したこのツアー。日頃から「遠くの客席のお客さんに申し訳ない」と言い続ける本人も、その数にやむなしと追加公演を行なう運びに。「ドームやるよ。とスタッフに伝えた。お盆に入るちょっと前だった。やらなかったら何もなかったと同じになってしまう。やる前に否定するのは止めよう。やれば、もちろんいろいろと大変なことが待っているのは解っているけど、そんなときはずっとそうしてきたし、必ずかけがえのない思い出が残ったから」




 このドーム公演も(各会場5万人収容)チケット発売20分でソールド・アウト! 彼のライヴといえば欠かせないのが“花道”。ドームということもあり、ステ−ジ中央から真ん中に一本、そこから左右にのび、三角形のように作られており、全長は400m。いつもライヴではこの花道を縦横無尽に走っていたが、ドーム5日前のゲネプロ時、自転車で転倒し足を怪我してしまったのだとか。




 ライヴ当日は、最新シングル「今日も どこかで」でスタート。MCではツアー・ファイナルらしく「最後まで精一杯頑張ります! 楽しんでいってください!!」と意気込みを語り、心配された足の怪我をよそに途中ステージを降りファンに直接マイクを向けたり、「キラキラ」の時にはアリーナ外周を自転車で1周するというパフォーマンスも見せ、アンコール直後ステージを降りた小田へ、スタッフ全員でサプライズの胴上げがあり、堪えていた涙が溢れ出す一幕も。




 ドラマ主題歌にも決定した新曲「さよならは 言わない」も今回のドーム・ツアーにて初披露! この楽曲は、来年1月6日よりスタートする関西テレビ開局50周年記念連続ドラマ『トライアングル』(主演:井上真央)の主題歌として書き下ろされた楽曲。集まった超満員5万人のファンを大いに沸かせました!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015