ニュース

大村憲司『ベスト・ライヴ・トラックス』シリーズ最新作が2タイトル同時発売

大村憲司   2015/04/06 15:45掲載
はてなブックマークに追加
 多くのミュージシャンから愛されたギタリスト、大村憲司。その軌跡をたどる『ベスト・ライヴ・トラックス』シリーズ最新作、『男が女を愛する時〜ベスト・ライヴ・トラックスIII』(STPR-001)、『大村憲司バンド(ポンタ・セッション・4デイズ!)〜ベスト・ライヴ・トラックスIV』(STPR-002)が4月22日(水)に発売されます。

 シリーズ第3弾は、歌モノのインストゥルメンタル・プレイを中心とした『男が女を愛する時〜ベスト・ライヴ・トラックスIII』。参加メンバーは村上“PONTA”秀一(ds)、高水健司(b)、青木智仁(b)、続木 徹(key)、重実 徹(key)、小林信吾(key)、吉弘千鶴子(key)、佐藤 博(key)、斉藤ノヴ(per)、続木 力(harp)、渡辺香津美(g)ら。「男が女を愛する時」のテイク違い(1989年, 1997年)をオープニングとエンディングに据え、ロック・バラード、ジャズ・スタンダード、J-POPの名曲まで、饒舌に艶やかに歌うギターを詰め込んだ作品。

 第4弾は、1989年12月27日〜30日の4日間、村上“PONTA”秀一がホストとなり行なわれたライヴ・イベント〈ポンタ・セッション・4デイズ!〉から。29日、30日の2日間が大村憲司バンドのパフォーマンスで、メンバーは、大村憲司(g)、村上“PONTA”秀一(ds)、高水健司(b)、続木 徹(key)、重実 徹(key)。『ベスト・ライヴ・トラックスI』に収録された「レフト・ハンディッド・ウーマン」「バンブー・ボング」「リズム・ロード」はこの日のライヴから選曲されたもので、他トラックはすべて未発表音源。バリエーション豊かな選曲をぜひ。

■20154月22日(水)発売

大村憲司
『男が女を愛する時〜ベスト・ライヴ・トラックスIII』

STPR-001 2,400円 + 税

[収録曲]
※全曲インストゥルメンタル

01. 男が女を愛する時 When a Man Loves a Woman
(1989.12.29 / チキンジョージ)
大村憲司(g) / 村上秀一(d) / 高水健司(b) / 続木 徹(key) / 重実 徹(key)
曲: CALVIN LEWIS / ANDREW WRIGHT

02. Summertime
(1997.4.12 / チキンジョージ)
大村憲司(g) / 村上秀一(d) / 青木智仁(b) / 小林信吾(key)
曲: GEROGE GERSHWIN

03. I Can’t Tell You Why
(1991.12.14 / 六本木ピットイン)
大村憲司(g) / 村上秀一(d) / 青木智仁(b) / 吉弘千鶴子(key) / 斉藤ノヴ(per)
曲: GLENN FREY / DON HENLY / TIMOTHY SCHMIT

04. 春がいっぱい Spring Is Nearly Here
(1989.5.20 / 神戸メリケンパーク特設ステージ)
大村憲司(g) / 村上秀一(d) / 高水健司(b) / 続木 徹(key) / 重実 徹(key)
曲: BRIAN BENNET / BRUCE WELCH

05. Georgia On My Mind
(1998.3.2 / 六本木ピットイン)
大村憲司(g) / 村上秀一(d) / 高水健司(b) / 佐藤 博(key)
曲: HOAGY CARMICHAEL

06. 突然の贈りもの
(1989.5.20 / 神戸メリケンパーク特設ステージ)
大村憲司(g) / 村上秀一(d) / 高水健司(b) / 続木 徹(key) / 重実 徹(key) / 続木 力(harp)
曲: 大貫妙子

07. My One And Only Love
(1997.4.12 / チキンジョージ)
大村憲司(g) / 村上秀一(d) / 青木智仁(b) / 小林信吾(key) / ゲスト: 渡辺香津美(g)
曲: GUY WOOD

08. Left- Handed Woman
(1989.5.20 / 神戸メリケンパーク特設ステージ)
大村憲司(g) / 村上秀一(d) / 高水健司(b) / 続木 徹(key) / 重実 徹(key)
曲: 大村憲司

09. 男が女を愛する時 When a Man Loves a Woman
(1997.4.11 / チキンジョージ)
大村憲司(g) / 村上秀一(d) / 青木智仁(b) / 小林信吾(key)
曲: CALVIN LEWIS / ANDREW WRIGHT

大村憲司
『大村憲司バンド(ポンタ・セッション・4デイズ!)〜ベスト・ライヴ・トラックスIV』

2枚組 STPR-002 4,300円 + 税

[演奏メンバー]
大村憲司(g) / 村上秀一(d) / 高水健司(b) / 続木 徹(key) / 重実 徹(key)

[DISC1]
01. Mercy Mercy Mercy
曲: JOE ZAWINUL

02. Knock On Wood
曲: STEVE CROPPER / EDDIE FLOYD

03. Benjamin
曲: JAMES TAYLOR

04. Charlotte
曲: 大村憲司

05. Left-Handed Woman
ベスト・ライヴ・トラックスIに既収録
曲: 大村憲司

06. 男が女を愛する時
曲: ALVIN LEWIS / ANDREW WRIGHT

07. Leaving Home
曲: 大村憲司

08. 春がいっぱい
曲: BRIAN BENNET / BRUCE WELCH

[DISC2]
09. Better Make It Through Today (Vo. 大村憲司)
詞 / 曲: ERIC CLAPTON

10. Bamboo Bong
ベスト・ライヴ・トラックスIに既収録
曲: 大村憲司

11. Rhythm Road
ベスト・ライヴ・トラックスIに既収録
曲: 是方博邦

12. I Can’t Tell You Why
曲: GLENN FREY / DON HENLY / TIMOTHY SCHMIT

13. 突然の贈りもの
曲: 大貫妙子

14. Everyday I Have the Blues(Vo. 大村憲司)
詞 / 曲: PETER CHATMAN / SLIM MEMPHIS

15. Ramblin’On My Mind(Vo. 大村憲司)
詞 / 曲: ROBERT JOHNSON
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき