ニュース

プライマル・スクリーム、名作『スクリーマデリカ』全曲演奏ライヴ・ツアーを開催!

プライマル・スクリーム(Primal Scream)   2010/09/29 14:31掲載
はてなブックマークに追加
プライマル・スクリーム、名作『スクリーマデリカ』全曲演奏ライヴ・ツアーを開催!
 ここ数年、自身が過去に発表した代表作の全曲演奏を特色とするライヴ・ツアーの開催が増えていますが、プライマル・スクリーム(Primal Scream)も同様のツアーを行なうと発表。90年代を代表する名盤として挙げられることも多い『スクリーマデリカ(Screamadelica)』(1991年 / 写真)をフィーチャーしたライヴ・ツアーが行なわれます。

 『スクリーマデリカ』は、アンドリュー・ウェザオールやアレックス・パターソン(ジ・オーブ)など複数のプロデューサーを迎え入れ、ロックという狭義のカテゴリーを飛び越えたジャンルレスな大傑作。

 彼らは今年初頭に『スクリーマデリカ』全曲演奏を特色とするライヴを11月にロンドン(2公演)で行なうとすでに発表していますが、その計画を発展させ、オリジナル発売から20周年を迎える2011年にニュージーランド、オーストラリア、イギリスを廻るツアーを行なうと発表。彼らがステージで『スクリーマデリカ』全曲を披露するのは、これが初めて。日本でも高い評価を得ている名作なだけに、来日公演にも期待ですね!

 なお、メンバーのボビー・ギレスビーらが出演するクリエイション・レコードのドキュメンタリー映画『Upside Down:the Creation Records Story』が10月に英国で公開されます。こちらの日本公開にも期待です!


<Primal Scream Screamadelica Live tour dates>

●11月26日:Olympia, London, UK

●11月27日:Olympia, London, UK

●2011年1月21日:Big Day Out, Mt. Smart Stadium, Auckland, New Zealand

●2011年1月23日:Big Day Out, Gold Coast Parklands, Southport, Australia

●2011年1月26日:Big Day Out, Sydney Showgrounds, Sydney, Australia

●2011年1月30日:Big Day Out: Flemington Racecourse, Melbourne, Australia

●2011年2月4日:Big Day Out: Adelaide Showground, Adelaide, Australia

●2011年2月6日:Big Day Out, Claremont Showground, Perth, Australia

●2011年3月14日:O2 Academy, Leeds, UK

●2011年3月15日:O2 Academy, Birmingham, UK

●2011年3月16日:O2 Academy, Newcastle, UK

●2011年3月18日:SECC, Glasgow, UK

●2011年3月19日:Apollo, Manchester, UK

●2011年3月22日:Brighton Centre, Brighton, UK

●2011年3月25日:O2 Academy Brixton, London, UK
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015