ニュース

サンボマスター、網膜剥離治療中だったヴォーカル山口が復帰 ツアー・ファイナル無事開催

サンボマスター   2021/12/06 12:46掲載
はてなブックマークに追加
サンボマスター、網膜剥離治療中だったヴォーカル山口が復帰 ツアー・ファイナル無事開催
 2021年9月より全国13ヵ所のライヴハウス・ツアー〈サンボマスター 真 感謝祭 〜ゲットバックライブハウスツアー〜〉を開催中だったサンボマスター。ツアー後半に差し掛かったところで急遽、山口隆の網膜剥離の手術により、福岡・札幌・名古屋公演は開催見合わせとなっていましたが、術後の回復状況も非常に良好とのことで医師による診断の結果、12月5日(日)に開催されたツアー・ファイナル東京・Zepp DiverCity公演で無事復帰、予定通り公演が行なわれました。また、その模様はYouTubeで無料生配信されました。

 チケット完売となった本公演は、約1,000名の観客が見守る中、「その景色を」でライヴをスタート。静謐なライティングと引き締まった演奏で会場の緊張感も一気に高まりました。その後「ロックンロール イズ ノットデッド」、「光のロック」、「青春狂騒曲」と立て続けにストイックなナンバーを連発。サンボマスターが文字通り帰ってきたことをファンに確信させました。

 その後、MCでメンバーから山口の復帰および病気の治療経過を報告。「初めに間違えて耳鼻科に行ってしまった」、「調子に乗って個室にしたら入院費が大変なことになった」など爆笑トークを交えて観客を笑顔にさせ、「何よりも会場に来たお客さんに感謝をお伝えしなくちゃ。ありがとうございます」と山口から感謝の言葉が伝えられました。山口が戻ってきた安堵感に会場が包まれた後の中盤戦では2度の爆笑MCパートをはさみながら「はじまっていくたかまっていく」、「忘れないで 忘れないで」、「ヒューマニティ!」など最新のナンバーを中心にライヴを展開。ライヴ後半戦は「ラブソング」で始まり、続けて、のんが脚本・監督・主演を務めた初の劇場長編映画『Ribbon』(2022年2月25日公開)主題歌として書き下ろされた新曲「ボクだけのもの」を披露。スケールの大きなメッセージ・ソングの世界観を観客はしっかりと受け止めました。その後はドラマやCMソングとして有名な「輝きだして走ってく」、「できっこないを やらなくちゃ」で会場のボルテージは最高潮に。本編最後の「花束」では、コロナ禍で声を出せない状況を踏まえて「心の中で応えて!」と観客とバンドが心の中でコールアンドレスポンス。会場全体が一つとなり、大団円を迎えました。

 ライヴ会場に詰め掛けたファン、「ツアーが開催見合わせとなっている福岡、札幌、名古屋公演を観覧予定だったファンの皆様にも元気にライブしているサンボマスターの姿を届けたい」というメンバーの強い思いからYouTube Liveでの無料生配信を通じて観覧した全国のロックファンに向けて力強く再始動した姿を届けたサンボマスター。2時間半の大興奮の公演となりました。

拡大表示


拡大表示


拡大表示

カメラマン: 浜野カズシ

〈サンボマスター 真 感謝祭 〜ゲットバックライブハウスツアー〜〉
12月5日(日)OPEN 17:00 / START 18:00 
※2時間30分の公演
会場: 東京・Zepp DiverCity TOKYO

[セットリスト]
01: その景色を
02: ロックンロール イズ ノットデッド
03: 光のロック
04: 青春狂騒曲
05: はじまっていく たかまっていく
06: 君を守って君を愛して
07: ミラクルをキミとおこしたいんです
08: 忘れないで 忘れないで
09: ヒューマニティ!
10: 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
11: 孤独とランデブー
12: ラブソング
13: ボクだけのもの 
14: 輝きだして走ってく
15: できっこないを やらなくちゃ
16: 花束
En: 美しき人間の日々
※感染症対策のガイドラインに基づいた入場者数でチケットソールドアウト。約1000名の観客動員

映画『Ribbon』
2022年2月25日(金)より東京 テアトル新宿ほかロードショー
出演: のん / 山下リオ / 渡辺大知 / 小野花梨 / 春木みさよ / 菅原大吉
脚本・監督: のん
主題歌: サンボマスター「ボクだけのもの」(Getting Better / Victor
映画「Ribbon 」公式サイト: www.ribbon-movie.com
主題歌入り 予告篇60秒: youtu.be/PdvPfpRqpG4
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015