ニュース

佐野元春、40周年フィルム・フェスティバル第4弾の配信が決定

佐野元春   2020/10/14 13:05掲載
はてなブックマークに追加
佐野元春、40周年フィルム・フェスティバル第4弾の配信が決定
 デビュー40周年を迎えた佐野元春が提唱して発足した、音楽制作者支援を目的としたオンライン・イベント〈SAVE IT FOR A SUNNY DAY〉の一環として上映されている〈佐野元春40周年記念フィルム・フェスティバル〉シリーズ。第4回目として、10月21日(水)に佐野元春 with THE HEARTLAND 1991アンプラグド・ライヴ〈Goodbye Cruel World(さようなら残酷な世界)〉が上映されます。

 同ライヴは、1991年4月1日にスタートした、日本で初めての民間衛星放送“WOWOW”開局記念番組の一環として、スタジオ・セッションが衛星を通じて放映された佐野元春 ウィズ・ザ・ハートランドによる無観客ライヴ。収録は1991年3月1日、場所は、東京・木のアトリウム。セッションは深夜から早朝にかけておこなわれ、演奏曲は「クエスチョンズ」「ジュジュ」「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」など全10曲。

 〈Goodbye Cruel World−さようなら残酷な世界〉と題されたこのライヴの直前には、中東での湾岸戦争が勃発し、国内外の緊張を背景としたセッションに。佐野とバンドはこの番組のためにオリジナルに編曲を加え、当時国内ではまだ先駆的な試みだった、アンプラグド・スタイルで演奏。撮影・監督は林 渉が担当、ファンの間では長らくパッケージ化が望まれていたレアなライヴの記録です。

 配信は、ライヴ番組の感覚で届ける一回限りのストリーミング特番。当日は、セレクトショップ・ブランドBEAMSとのコラボレーションによる、オリジナル・ウェア、グッズも併売、上映と合わせてその収益は、佐野が提唱する「SAVE IT FOR A SUNNYDAY」を通じて、コロナ禍で困窮する音楽制作者支援の基金として役立てるとのことです。

佐野元春40周年記念フィルムフェスティバルvol.4
佐野元春 with THE HEARTLAND 1991アンプラグド・ライヴ「Goodbye Cruel World(さようなら残酷な世界)」

2020年10月21日(水)
開場 20:30 / 開始 21:00(1回のみ配信 アーカイブ配信無し)
配信チケット 2,000円 / 寄付 + 配信チケット 3,000円
チケット発売日時: 2020年10月14日(水)12:00〜10月21日(水)19:00
stagecrowd.live/9845815372

佐野元春40周年記念フィルムフェスティバル
ms40th.moto.co.jp/Save-it-for-a-Sunny-Day/film-festival

『SAVE IT FOR A SUNNY DAY』HP
ms40th.moto.co.jp/Save-it-for-a-Sunny-Day

佐野元春x BEAMS コラボ・オリジナル限定グッズ販売HP
ms40th.moto.co.jp/Save-it-for-a-Sunny-Day/merchandise
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015