ニュース

SEAMO、デビュー15周年記念通算10枚目のアルバムをリリース

SEAMO   2019/07/12 18:21掲載
はてなブックマークに追加
SEAMO、デビュー15周年記念通算10枚目のアルバムをリリース
 2020年3月にデビュー15周年を迎える、東海地区をこよなく愛する“塾長”ことSEAMOが、“シーモネーター・天狗の日”となる10月9日(水)に通算10作品目となるオリジナル・アルバムをリリースすることが決定。

 2月発売の前作『Glory』以来、約8ヵ月という短いスパンでの10作目は、海水パンツに天狗の面という姿でステージに登場していた“シーモネーター”時代からのシンボル“天狗”にちなんだ10月9日(=テン・グ)の日にリリース。なお、この日は日本記念日協会に「シーモネーター・天狗の日」として記念日登録されることとなっています。

 SEAMOは、デビュー15周年に際して「15周年スペシャル・サイト」を公開。「支えてくれたみんな、最上級の感謝の気持ちを込めて、ありがとう!次の20周年に向けて、これからも宜しくおねがいします!」というSEAMOのメッセージが掲載されているほか、AZUET-KING古坂大魔王C&Kシーモネータースガ シカオSOCKSTEAM SHACHI堤 幸彦東京女子流nobodyknows+Crystal Boy・DJ MITSU)、ファンキー加藤BENNIE KBOYS AND MENHOME MADE 家族MONKEY MAJIKRHYMESTERなど、親交の深いアーティストたちから温かく愛のあるコメントが寄せられています。また、SEAMOの人気曲を網羅したミュージック・ビデオのダイジェスト版トレーラーも楽しめます。お祝いコメント全文ほかは15周年スペシャル・サイト、今後の情報はオフィシャル・サイトをご覧ください。

15周年に寄せて
――SEAMO

皆さん、15年もの間、支えてくれて本当にありがとうございます!
長いようであっと言う間の15年。
SEAMOとして服を着て歌うことの方が恥ずかしかった、あの日から…自分の歌が自分のものでなく、
みんなの物になっていく事を経験させてもらい、
みかん箱ステージから、武道館まで、TOKAI SUMMITの始まりから終わりを見届け、
泣いて、笑って、怒って、悩んで、喧嘩したり、和解したり、
だんだんポンコツになって…(笑)でも元気だったり。

夢に抱かれてマイクを持ち出したあの頃からは、まさか四十路アーティストのイメージは出来ませんでした。
そして大きな穴も空けず、よく続けてきたなあと。

皆さんおかげで今もなおステージに立てています。
応援してくれるみんな、スタッフ、仲間、素敵な瞬間に立ち会ってくれた一人一人。
誰一人欠けても今の自分はなかったと思います。
いわばSEAMOは、みんなの想いの集合体なんです。

同じ年代のアーティストやスタッフからは、
僕がステージに立っていると勇気をもらえる、と言ってもらっています。歌い続けます!
先のことなんて全くわからないけど、これからも今日の自分より、
明日は1mmでも格好いい自分でいられるように精進していきます。

支えてくれたみんな、最上級の感謝の気持ちを込めて、ありがとう!
次の20周年に向けて、これからも宜しくおねがいします!




SEAMO 15周年スペシャルサイト
www.seamo15th.com
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015