ニュース

ハイレゾ音源対応ウォークマンを体感できる〈オンガクの結晶〉が東京ミッドタウンで開催

シシド・カフカ   2013/11/28 15:56掲載
はてなブックマークに追加
ハイレゾ音源対応ウォークマンを体感できる〈オンガクの結晶〉が東京ミッドタウンで開催
 CDを越える高音質「ハイレゾ音源」にまで対応したウォークマン(R)の高音質を、特殊な装置によって可視化し、ウォークマン(R)が奏でる音をアート作品として展示するイベント〈オンガクの結晶〜ULTIMATE EXPERIENCE〜〉が12月5日(木)〜12月8日(日)の期間、「東京ミッドタウン」ガレリア / B1F「アトリウム」で行なわれます。開催初日のオープニング・セレモニーには、「ソニー」が展開しているキャンペーン「LOVE MUSIC」のキャラクターをつとめるシシド・カフカも登場。

 開催期間中は、ハイレゾ音源対応のウォークマン(R)「ZX1」や、ウォークマン(R)Fシリーズをはじめとした、ソニーウォークマン(R)の高音質を体験できるブースも設置。ZX1については12月7日(土)の発売に先駆け、実際に手にとってクラドニ図形(音と物質との間にある固有振動数の原理を使ってできる図形。砂をまいた床に音の振動を与えると、共鳴周波数に応じた神秘的な幾何学模様が浮かび上がります)を使ったアートとのコラボレーションを楽しむことができます!

 なお、「LOVE MUSIC」オフィシャル・サイト(www.sony.jp/walkman/lovemusic)、YouTube(youtu.be/pi9jR_sy_7A)では、〈オンガクの結晶〉開催に先駆け、スペシャル・ムービーを公開! こちらは、東京ミッドタウンのイベントで展示されるものと同じウォークマン(R)とクラドニ図形を発生させる装置(縦横7個ずつ合計49個)を、コンサートホールのステージに配置。ウォークマン(R)をオーケストラの楽団に見立てた、高音質と光とクラドニ図形による幻想的な映像。

 映像監督として、ショート・フィルム『Time Spent Together』で海外広告賞を受賞するなど、若手ディレクターとして注目を集める箱守惠輔を起用。ZX1やFシリーズを含む、ソニーのハイレゾ商品群のメッセージである“音楽は「聴く」から“感じる”楽しみへ”の世界を、視覚的にも表現しています。


【ハイレゾ音源とは】
ハイレゾリューション・オーディオとは、一般にCDを越える情報量をもつフォーマットの音源を指します。スタジオの原曲に近い高音質で、その格段にきめ細かなサウンドにより、今まで聴こえなかった曲のディテールやニュアンスまでを感じることができます。

【CDジャーナルWeb連載】
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活

ハイレゾ、興味はあるけどよくわからない……というそこのアナタ! これまでとは次元の違う高音質ワールドを体験してみませんか? この連載では、ハイレゾ生活をスタートするための準備ガイドと、ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」で配信中の音源のレヴューをお届けしてきます。
www.cdjournal.com/main/special/high-collar-high-resolution/711
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015