ニュース

土岐麻子、ソロ・デビュー10周年記念ライヴで父と共演!

土岐麻子   2014/12/22掲載(Last Update:15/01/22 18:35)
はてなブックマークに追加
土岐麻子、ソロ・デビュー10周年記念ライヴで父と共演!
 2004年のソロ・デビューから今年で10周年を迎えたシンガー・土岐麻子が、12月20日(土)、恵比寿The Garden Hallにてワンマン・ライヴを開催。〈TOKI ASAKO 10th ODYSSEY ソロデビュー10周年 感謝祭!!どこにも省略なんてなかった3952days〉と題された本ツアーの最終日にあたる2014年12月20日(土)は、ソロ・デビュー・アルバム『STANDARDS 〜土岐麻子ジャズを歌う〜』のリリース日である2004年2月25日から数えて「3952」日目にあたる日。

 この日の土岐をサポートしたバンドメンバーは、学生時代からの仲間というギターの奥田健介(NONA REEVES)、過去何度も土岐のバックを務めたベース鹿島達也、8曲目に演奏された「読唇術」で土岐とのデュエットを披露したキーボード伊澤一葉(the HIATUSあっぱ)。そしてバンドマスターでありドラムスの矢野博康は、土岐がかつて在籍していたバンドCymbalsのメンバー。矢野が土岐と一緒にツアーを回ったのはCymbals解散以来初めてのこと。気心の知れたバンドとともに、ソロ・キャリアの集大成とも言える10年間を凝縮したライブを見せつけてくれました。

 白いドレスに身を包んだ土岐は、オープニング・ナンバー「眠れる森のただの女」を皮切りに、新旧織り交ぜたベスト&レア楽曲を披露。5曲目の「Under Surveillance」は、2005年にリリースしたアルバム『Debut』に収録されている土岐が唯一自ら作曲を手掛けた楽曲ながら、過去ライヴで一度も歌われたことがなく、本ツアーが本邦初公開。また、14曲目に歌われた「Rendez-vous in ‘58」もこの日が初めてのパフォーマンス。

 第2部では、スペシャル・ゲストとして、実父であり日本を代表するサックス奏者・土岐英史が登場。「今日は客席に母も来ていて、なんだか引退ライヴみたいになっていますが(笑)」とリラックスしたムードの中、土岐英史がプロデュースした最新アルバム『STANDARDS in a sentimental mood 〜土岐麻子ジャズを歌う〜』に収録されているレッド・ホット・チリ・ペッパーズの「Californication」と、Cymbals結成のきっかけとなったというレアなエピソードとともにキャロル・キング「I Feel The Earth Move」のカヴァー2曲を演奏。土岐英史の奏でるサックスが圧倒的な存在感で会場を包み込むと、会場はこの日一番の盛り上がりを見せました。

 そしてライヴ終盤に披露されもう一つのハイライトとなったのが、この10年間の代表曲をメドレー形式にアレンジした「10th ODYSSEY Special Medley」。「Gift 〜あなたはマドンナ〜」に始まり、「ロマンチック」、「How Beautiful」、「トーキョー・ドライブ」など、新旧交えた名曲全9曲をノンストップで歌いあげ、最後は再び「Gift 〜あなたはマドンナ〜」で締める構成。時間にして約22分にも及んだこのメドレー、まさに圧巻のパフォーマンスであり、超満員の観客からも万雷の拍手が沸き起こっていました。

「みなさんの10年間は、どんな感じだったのでしょうか?そんなことを思い浮かべながら、聴いていただけるとうれしいです」というMCの後に、大学生時代に歌詞を書いたという奥田健介作曲の「ブルー・バード」を思い入れたっぷりに歌唱し、本編終了。アンコールでは、再び土岐英史のサックスとともに、ニュー・アルバムに収録されているクリスマスソング「Christmas in the City」をしっとりと歌い上げ、この日をライヴは幕を閉じました。休憩を挟んで2時間45分。ツアータイトル通り、「どこにも省略のなかった」濃密なひと時を過ごした観客は、土岐麻子の節目となる貴重なライヴを体験し大満足の様子でした。

TOKI ASAKO 10th ODYSSEY
ソロデビュー10周年 感謝祭!!
どこにも省略なんてなかった3952days


2014年12月20日(土)
東京 恵比寿 The Garden Hall

出演:
土岐麻子(vo) / 土岐英史(sax)
矢野博康(ds) / 鹿島達也(b) / 奥田健介(g) / 伊澤一葉(key)

[演奏曲目]

[第1部]
01. 眠れる森のただの女
02. Smilin’
03. サーファー・ガール
04. ホロスコープ
05. Under Surveillance
06. September

[第2部]
07. heartbeat
08. 読唇術
09. Walk On
10. Californication w/土岐英史
11. I Feel The Earth Move w/土岐英史
12. 10th ODYSSEY Special Medley
13. Gift 〜あなたはマドンナ〜
14. Rendez-vous in'58
15. ブルー・バード

[アンコール]
16. Christmas in the City w/土岐英史
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015