ニュース

アンノウン・モータル・オーケストラ、ニュー・アルバム『セックス&フード』を4月にリリース

アンノウン・モータル・オーケストラ(UNKNOWN MORTAL ORCHESTRA)   2018/02/13 12:37掲載
はてなブックマークに追加
アンノウン・モータル・オーケストラ、ニュー・アルバム『セックス&フード』を4月にリリース
 ニュージーランド出身、現在は米ポートランドを拠点に活動するルーバン・ニールソン率いるサイケデリック・ロック・バンド、アンノウン・モータル・オーケストラ(UNKNOWN MORTAL ORCHESTRA)が、4月6日(金)にニュー・アルバム『セックス&フード』をリリース。発売当日からマサチューセッツ州ノーサンプトン公演を皮切りにワールド・ツアーの開催も決定しています。

 ポートランドのホームスタジオに加え、ソウル、ハノイ、レイキャビク、メキシコシティ、オークランドなど世界中の様々な場所でレコーディングを行なった本作は、ニールソンの音楽的旅行譚。世界を旅して得た広範囲の人間的経験が楽曲へと昇華されています。

 発売に先駆けてミュージック・ビデオが公開されている収録曲「American Guilt」についてニールソンは、「この曲は、最近自分の心に浮かんではまとわりついていた気持ちを捉えようとしたものなんだよ。近年ロックは死んだと言われ続けて、見放されているような風潮がある。じゃあ、その生きながらに死んでいるジャンルの音が、UMOの世界ではこんなふうに鳴っているんだってことを、人々にわかってもらおうってひねくれた思いつきからこの曲が生まれたんだ」とコメント。レコーディングについて「この曲ははじめ、ハノイの伝統音楽のためにつくられたスタジオでモンスーンの季節につくった。そのレコーディングの続きをメキシコシティで行なったんだけど、去年起きた壊滅的な地震のせいで一時中断せざるを得なかったんだ。泊まっていたAirbnbに戻ることができなくて公園で寝泊まりしていたんだけど、そんな中で誰かが“Viva la Mexico!(メキシコ万歳)”って叫んだんだよ。彼に敬意を表して、それを曲に取り入れたのさ」というエピソードを語っています。



■2018年4月6日(金)発売
UNKNOWN MORTAL ORCHESTRA
『Sex & Food』

税込1,650円

[収録曲]
01. A God Called Hubris
02. Major League Chemicals
03. Ministry of Alienation
04. Hunnybee
05. Chronos Feasts on His Children
06. American Guilt
07. The Internet of Love(That Way)
08. Everyone Acts Crazy Nowadays
09. This Doomsday
10. How Many Zeros
11. Not in Love We're Just High
12. If You're Going to Break Yourself
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴動祭』[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015