ニュース

女優としても活躍するトップ・シンガー、ヴァネッサ・ウィリアムス 待望の来日公演迫る

ヴァネッサ・ウィリアムス   2015/06/10 15:25掲載
はてなブックマークに追加
女優としても活躍するトップ・シンガー、ヴァネッサ・ウィリアムス 待望の来日公演迫る
 1992年に発表した「セイヴ・ザ・ベスト・フォー・ラスト」の大ヒットや、95年にはディズニー映画『ポカホンタス』の主題歌「カラーズ・オブ・ザ・ウィンド」で自身初となるグラミー賞を受賞するなど、トップ・シンガーとしての地位を確立させたヴァネッサ・ウィリアムス(Vanessa Williams)。待望の来日公演がいよいよ6月14日(日)東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOを皮切りにスタートします。

 ミュージック・シーンにとどまらず、女優としての華々しいキャリアも重ねてきたヴァネッサは、83年にアフリカ系アメリカ人初のミスアメリカに選ばれ、音楽と並行して女優としての活躍も広げ、ミッキー・ローク主演の『ハーレーダビッドソン&マルボロマン』、また『イレイザー』ではアーノルド・シュワルツネッガーとも共演するなど、これまで20作以上の映画に出演。94年には『蜘蛛女のキス』でブロードウェイ・デビューも果たしました。また、『デスパレートな妻たち』をはじめ、人気テレビ・シリーズにも多数出演し、とくに2006年〜2010年まで放映され、日本でも大ヒットしたテレビドラマ『アグリー・ベティ』では、野心家のクリエイティヴ・ディレクター、ウィルミナを熱演しました。

 来日公演では、数多くのヒット曲をはじめ、映画やブロードウェイで培ったキャリアを反映させた、ヴァラエティ豊かなショウを披露してくれるそう。現代最高峰のエンタテインメントを、どうぞお見逃しなく。

ヴァネッサ・ウィリアムス来日公演

[東京公演]
www.bluenote.co.jp/jp/artists/vanessa-williams

6月14日(日)〜15日(月) / 19日(金)〜22日(月)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO

・6月15日(月) / 19日(金) / 22日(月)
1st 開場 17:00 / 開演 18:30 
2nd 開場 20:15 / 開演 21:30

・6月14日(日) / 20日(土) / 21日(日)
1st 開場 16:00 / 開演 17:00
2nd 開場 19:00 / 開演 20:00

[メンバー]
ヴァネッサ・ウィリアムス(vo)
レオ・コロン(key, back vo)
キース・ロビンソン(g, back vo)
ヘンリー・ヘイ(key)
アル・コールドウェル(b)
JTルイス(ds)
シェリー・トーマス(back vo)
カルメン・ルビー・フロイド(back vo)

[ミュージックチャージ]
13,800円(税込 / 飲食代別途)

※ご予約: 03-5485-0088


[大阪公演]
www.sankeihallbreeze.com/list/popmusic/2015/03/post-500.html

2015年6月17日(水)
大阪 梅田 サンケイホールブリーゼ
開演 19:00
S席 8,500円 / ブリーゼシート 6,000円

※お問い合わせ: ブリーゼチケットセンター 06-6341-8888
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015