ニュース

タワレコのアイドル・レーベル「T-Palette Records」1周年記念ライヴをレポート!

バニラビーンズ   2012/06/14 17:00掲載
はてなブックマークに追加
タワレコのアイドル・レーベル「T-Palette Records」1周年記念ライヴをレポート!
 タワーレコードのアイドル専門レーベル「T-Palette Records」の発足1周年を記念したライヴ・イベント<T-Palette Records 1st. Anniversary Live>が6月9日(土)、東京・原宿アストロホールで開催! 1年前に行なわれたレーベル発足の記者会見と同様、プロ・インタヴュアーの吉田 豪と、タワレコ代表取締役社長である嶺脇育夫が司会進行役として登場し、スタートから会場は熱気ムンムン!

 トップバッターを飾ったのは、名古屋を拠点に活躍するアイドル・デュオのしず風と、姉妹ユニットの絆〜KIZUNA〜。ディック・デイル「Misirlou」の印象的なギター・イントロが鳴りはじめ、絆〜KIZUNA〜の4人が空手の道着を着てステージに現れると、空手の型を採り入れたダンスを披露。続けてしず風の2人が合流して「ドキドキパニック」へと突入! パワフルなライヴ・パフォーマンスに定評のある彼女たち、絆〜KIZUNA〜の晴子が客席に飛び出してオーディエンスの上を歩くと、会場からは歓声と共に驚嘆の声が飛び交う。水を口に含んでの霧吹きや客席への背面ダイヴなど、ロック・バンド顔負けのアクションを次々と展開!


しず風&絆〜KIZUNA〜

しず風&絆〜KIZUNA〜

しず風&絆〜KIZUNA〜


 続く2組目は、福岡発の大所帯アイドル・ユニット、LinQ。今回は天野なつ、岸田麻佑、桜 愛美、杉本ゆさ、高木悠未、原 直子、松村くるみ、瑞稀もえ、桃咲まゆ、山木彩乃の10人が、その魅力をギュッと凝縮したようなステージをノンストップで展開。T-Paletteでの最初のシングル曲「カロリーなんて」にはじまり、祭囃子とサンバのリズムが合わさった陽気なサウンドに緑のペンライトを使ったダンス、そして高木がハッピを纏ってコブシを回すソロ・パートなど、見どころ満載の新曲「祭りの夜〜君を好きになった日〜」、未CD化でありながら人気の高い「チャイムが終われば」、エモーショナルな「for you」と続き、ラストの「shining star」ではメンバーとフロアが一丸となってタオルを振り回す爆発的な盛り上がりの中、MC抜きで全5曲を一気に駆け抜けました。トークの締めを任された高木は、坂東英二のモノマネで「ほっば、みねわきしゃちょうサイコー!」とメッセージ!


LinQ

LinQ

LinQ


 さあ次のアクトは……というタイミングで社長からサプライズ発表。「T-Palette Recordsに新しい仲間が入ることになりました。グループ名はlyrical school(リリカルスクール)」とのアナウンスに会場がどよめく……。そしてステージに登場したのは、清純派ヒップホップ・アイドル・ユニットのtengal6。彼女たちのライヴ定番曲「tengal6」を披露し、「実は私たちT-Paletteに移籍することになりまして、これからはlyrical schoolとして活動していきます!」と挨拶。先月に発売されたばかりの1stアルバム『CITY』から「perfect☆キラリ」、デビュー・ミニ・アルバム『まちがう』に収められていた「photograph」、tofubeatsが全面制作した人気曲「プチャヘンザ」を連続で披露し、ポップかつキュートなマイク捌きでオーディエンスにヒップホップ魂を刻み込む!

 T-Palette入りの感想を聞くと、「純粋にすごい嬉しくて。バニラビーンズさんとかNegiccoさんとかステージでご一緒したことがあったので。可愛いしステージのパフォーマンスもすごいし、やったーって思いました。並んじゃいましたー、いいのかなー」(mei)と喜びの気持ちを語りました。


lyrical school

lyrical school


 そして今年の7月でデビュー10周年イヤーに突入する新潟発の3人組、Negiccoが登場。ノースリーブの真っ青なドレスという新衣装に身を包み、「Party on the PLANET」からライヴはスタート。リーダーのNao☆は「みんなやる気あるの? やる気なかったら帰らせますからね」と客席に檄を飛ばし、「(私たちが)落ち込んで新潟帰らないように、よろしくお願いします」とのMCで場を和ませる。6月20日にリリースされる新曲「あなたとPop With You!」の際には、「今回のジャケット写真が出たときに“やっとやる気出してきたな”みたいな書き込みがあったみたいだけど、そんなわけないだろう!」と毎回気合いが入っていることを改めてアピール! Meguも「10年間やってきて1回も手を抜いたことはございません、私たち!」と語ると、ファンからは大歓声が!


Negicco

Negicco

Negicco

Negicco


 ラストは、北欧の風に乗ってやってきた清楚でイノセントな2人組、バニラビーンズが登場。ピチカート・ファイヴ「ベイビィ・ポータブル・ロック」のカヴァーでポップに開幕、自己紹介では「いま一押しのアイドルは、しず風&絆〜KIZUNA〜さん、LinQのみなさん、Negicco姉さん、そしてtengal6改め、lyrical schoolのみなさんです」(レナ)、「よくお買い物するところはタワーレコードです」(リサ)とアピール! さらに「恋のセオリー」、この日が初お披露目となった7月4日発売のシングル曲「ノンセクション」と続き、エッジの効いたギターと軽快なビート、曲線を強調するキュートなポージングにオーディエンスはすっかり魅了された様子。

 さらに、吉田 豪も激押しのオールディーズ調スイート・ポップ・ソング「チョコミントフレーバータイム」、そして彼女たちの代表曲である「ニコラ」で爽やかな風をフロアに運び、見事にトリを飾りました。MCでは「この1年間は音楽的にも“自分たち発信”っていうのが多かったですね。こう歌いたいという歌い方をやらせてもらえるようになったのはT-Paletteに入ってから」(リサ)と、T-Paletteにレンタル移籍してからの1年間を振り返りました。


バニラビーンズ

バニラビーンズ

バニラビーンズ


 最後は社長の「今日は本当に雨のなかお集まりいただきありがとうございます。こんな素敵なアーティストの作品をリリースすることができて、わたし個人もですけど、スタッフも非常に喜んでおります。今後もT-Paletteのアーティストを引き続き応援していただけるとありがたいです。今日は本当にありがとうございました!」という気合のこもった挨拶で締め括り、レーベル2年目の飛躍に期待が膨らむライヴとなりました!

 またこの日、8月4日、5日に行なわれる<TOKYO IDOL FESTIVAL2012>(TIF2012)にlyrical school(ex. tengal6)の参戦が発表され、これでT-Palette Records所属全5組が出演することが決定に。こちらもお見逃しなく!


<T-Palette Records 1st. Anniversary Live>
@原宿アストロホール 2012.6.9 セットリスト


【しず風&絆〜KIZUNA〜】
01. Pump It(※ダンスのみ)
02. ドキドキパニック  
03. ぶたマルUPっぷぅ
04. 交-Majiwari-
05. PINKのロケット☆彡
06. Oo.しず風にのって.oO

【LinQ】
01. カロリーなんて
02. 祭りの夜〜君を好きになった日〜
03. チャイムが終われば
04. for you
05. shining star

【lyrical school】
01. tengal6
02. perfect☆キラリ
03. photograph
04. プチャヘンザ!

【Negicco】
01. Party on the PLANET
02. ガッター! ガッター! ガッター!
03. ニュートリノ・ラヴ
04. あなたとPop With You!
05. 圧倒的なスタイル

【バニラビーンズ】
01. ベイビィ・ポータブル・ロック
02. 恋のセオリー
03. ノンセクション
04. チョコミントフレーバータイム
05. ニコラ
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015