ニュース

スティーヴ・マックイーン監督の映画「妻たちの落とし前(原題: WIDOWS)」2019年4月公開

ヴィオラ・デイヴィス(VIOLA DAVIS)   2018/10/12 13:00掲載
はてなブックマークに追加
スティーヴ・マックイーン監督の映画「妻たちの落とし前(原題: WIDOWS)」2019年4月公開
 『それでも夜は明ける』で〈アカデミー賞〉を受賞したスティーヴ・マックイーンが監督を務めた映画「WIDOWS」が、邦題「妻たちの落とし前」として2019年4月より全国で公開されます。

 本作は、4人の強盗犯の未亡人が犯罪集団“ウィドウズ”を結成し、強盗犯の妻としての運命に立ち向かって行く姿を描くクライム・サスペンス。1983年にイギリスで放送された人気TVシリーズ「Widows(原題)」を元に、『ゴーン・ガール』の原作 / 脚本を手掛けた推理作家のギリアン・フリンとマックイーンが共同で脚本を担当。『フェンス』のヴィオラ・デイヴィスが主演を務めるほか、『ワイルド・スピード』シリーズのミシェル・ロドリゲス、『華麗なるギャツビー』のエリザベス・デビッキらが共演に名を連ねています。

 また、10月10日に開幕した〈ロンドン映画祭〉では、本作がオープニング作品を飾り、レッド・カーペットには監督のマックイーンとキャストのヴィオラ・デイヴィス、ミシェル・ロドリゲスらが登場。マックイーン監督は、「ヴィオラ・デイヴィスは僕のアイコンなんだ! 彼女はグレタ・ガルボベティ・デイヴィス、キャサリン・ヘップバーンにも例えられる素晴らしい女優だ。偉大な監督は皆、女性を主人公にした映画を作っている。30年代から50年代には、こういうアイコンとなる女優を主演に起用した映画がよく作られていたよね。そういうタイプの映画が最近は作られなくなっていたけれど、今回とても貴重なチャンスをもらって、彼女のようなレベルの高い女優と仕事ができて、本当に光栄に思っているよ」と、主演のデイヴィスを称賛しています。

拡大表示

©2018Twentueth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

「妻たちの落とし前」
2018年4月より公開

監督: スティーヴ・マックイーン
出演: ヴィオラ・デイヴィス / ミシェル・ロドリゲス / エリザベス・デビッキ / シンシア・エリヴォ / コリン・ファレル / ダニエル・カルーヤ / ジャッキー・ウィーヴァー / ロバート・デュヴァル / リーアム・ニーソン
配給: 20世紀FOX映画
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015