リサーチ

“Riot Grrrl(ライオット・ガール)”とは?

2006/03/31掲載
はてなブックマークに追加
ここ日本でも一時期話題を呼んでいたムーヴメント“Riot Grrrl(ライオット・ガール)”。Grrrlの綴りは知っていても、その内容となると???その実態について、CDJournal.com的考察をまとめてみました。
“Riot Grrrl(ライオット・ガール)”とは?
 1990年代初頭、アメリカはワシントン州オリンピアを発信源に登場した“Riot Grrrl(ライオット・ガール)”ムーヴメント。パンク・シーンでの性差別/ライヴ会場での様々な暴行事件などをきっかけに、音楽/ファンジン/アートといったクリエイティヴな活動を通じて、フェミニズム思想を草の根方式で広げていった運動のこと。ちなみに、ともすれば「ガルルル」と読んでしまいそうなR3つの“Grrrl”綴りは、フェミニスト達が使っている“womyn”(“women”の意)に倣って作られた言葉であるそうな。

 BIKINI KILL、BRATMOBILE、HEAVENS TO BETSY、HUGGY BEARthe BUTCHIESSEVEN YEAR BITCHbis(無論、メンバーに男性が在籍しているバンドもあり)をはじめ、ザ・スリッツジョーン・ジェット(最新作『ネイキッド』にはキャサリーン・ハンナ(元ビキニ・キル)が参加)といった先駆者としてリスペクトを受けているバンド/アーティスト、レーベルで言うならばMr.Lady Records(2003年に閉鎖?)、KILL ROCK STARSなどの音楽を指針に、各々の方法でその意義を社会に向けて発信していく活動。ハードな音を追求するあまり、マッチョなムード一辺倒となっていたシーンを、少しずつではありますが確実に変えてきた“Riot Grrrl”。しかしながら、その受け取り方は本国アメリカと日本とでは多少異なるご様子。

 一過性のブームとして実に軽〜くスルーしてしまった日本では、パンクを匂わすサウンド、激しいパフォーマンス、どことなくメッセージ色あり、女性がフロントマンをつとめている、何か頑張っている、バラエティ番組でやたら発言する、ヒステリックな大声、離婚した途端にテレビに出まくる、とにかくデカイ、本気で夫婦喧嘩をする、いきなり小説家宣言をしてしまう、ごきげんよう大賞を常に狙っている、川崎麻世を尻に敷いている……などなど、本人の自覚も無いところで“Riot Grrrl系”として勝手にジャンル付けされているケースもしばしば。Riot Grrrl=暴動!女の子!戦う!なんか激しそう!と直訳したよなシンプルすぎる思考回路のもと、世のグランジ・ブームに合わせて伝わってきたラウドなガールズ・バンド(L7HOLEなど)は即Riot Grrrl行きにされていたのも懐かしい思い出。冷たい街の視線をもろともせず、ゴスロリ〜ギャル〜韓流化する女性の方々をある意味Riot Grrrlとして扱っている点も、社会的背景の無い日本ならでは、といったところでしょうか。

 元ビキニ・キルのキャサリーン・ハンナが在籍するル・ティグラ、Excuse 17/HEAVENS TO BETSYのメンバーによって結成され“Riot Grrrl”をある意味最も有名にしたスリーター・キニー、ル・ティグラのご友人でもあるソウル・パンクことGossip、ジャネット・ワイス(スリーター・キニー)とサム・クームズ(元ヒートマイザー)によるクワージ……などなど、ルックスではなく、その精神性を受け継ぐ新たなバンドも数多く登場し、今も脈々と息づく“Riot Grrrl”。轟音/ダンス/アコースティックと、多様に進化を遂げているサウンドに込められた志を紐解けば、その味わいもさらに深いものとなるのでは。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015