リサーチ

“ロック・オペラ”とは何ですか?

2006/10/27掲載
はてなブックマークに追加
ザ・フーが久々の新作をリリースしますが、“ロック・オペラ”が含まれているそうですね。そもそもロック・オペラとは何ですか?
 間もなくザ・フーが24年ぶりの新作『エンドレス・ワイヤー』を、ミートローフが『地獄のロック・ライダー』シリーズ第3弾となる『Bat Out of Hell III: The Monster Is Loose』をリリースするとあって、ロック・オペラという言葉を耳にする機会が増えたかもしれません。そこで、簡単ながらロック・オペラについて考察してみようと思います。

 まず、ロック・オペラと似たような概念で“コンセプト・アルバム”という言葉が存在します。これはひとつのコンセプト、テーマに沿った内容で作品を制作し、全体に統一感を持たせたアルバム、と言えるでしょう。さまざまな意見はありますが、ロック・シーンにおける初のコンセプト・アルバムは、ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』(67年)であるとされています。このアルバムは、サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドという架空のバンドによる演奏というテーマで、アルバムの最初と最後にセルフ・タイトルの曲を配置、全体をひとつのショウに見立てた作品です。

 ロック・オペラもおおまかに言えばこの概念と違いはありません。では、なぜ別の呼び方をするのかというと、ロック・オペラにはストーリーがあるのです。『サージェント・ペパーズ〜』は確かにテーマはありますが、各曲は独立したものとなっており、時間軸を追うストーリーはありません。それに対し、ロック・オペラには明確な物語があります。ロック史上初のロック・オペラとされるプリティ・シングス『S.F.ソロウ』(68年)は、セバスチャン・F.ソロウという人物の数奇な人生を綴ったもの。内ジャケットに掲載された各曲の歌詞には、前文のような形でストーリーが記されています。また、ロック・オペラという言葉を決定的にしたザ・フーの『トミー』(68年)は、目が見えず、耳も聞こえず、言葉も話せないという主人公トミーの人生を描いた内容。ストーリーの緻密さは当然のことながら、収録曲はほぼ曲間を空けずに繋がっており、SEや小曲を挟むなど、よりトータルなアルバム作りがなされるようになりました。ザ・フーの作品の中では、モッズの少年の過激な青春を描き、74年にリリースした『四重人格』もロック・オペラの傑作とされています。

 しかし、この“ストーリーの有無”による呼称の違いも、現在では混在しているのが現実。88年、米国シアトルのヘヴィ・メタル・バンド、クイーンズライクがリリースした『オペレーション:マインドクライム』は、マインドコントロールによって暗殺者となったニッキーの悲劇が明確なストーリー性を持って綴られています。が、この作品をコンセプト・アルバムとは呼んでも、ロック・オペラという声はあまり聞きません。プログレッシヴ・メタル・バンド、ドリーム・シアター『メトロポリス・パート2〜シーンズ・フロム・ア・メモリー』(99年)も、輪廻転生をテーマにした物語を持っていますが、同様です。

 現在ではストーリー性に加え、語源ともなっているクラシックの歌劇=オペラにあるような、ドラマティックかつ壮大なサウンド・メイキングをともなった作品をロック・オペラと呼ぶ傾向にあるようです。その代表的な作品としては、ミートローフの『地獄のロック・ライダー』(77年)、『地獄のロック・ライダー2〜地獄への帰還』(92年)、米国のヘヴィ・メタル・バンド、サヴァタージ『ストリーツ・ア・ロック・オペラ』(91年)などが挙げられます。なお、このサヴァタージのメンバーとプロデューサーのポール・オニールは、90年代後半から立て続けにクリスマス・アルバムをヒットさせているロック・オーケストラ、Trans-Siberian Orchestraに参加しており、ロック・オペラの精神を受け継いでいます。

 音楽をまるで映画や舞台を観るように楽しめるのが、ロック・オペラやコンセプト・アルバムの醍醐味。曲ごとのダウンロード購入が当り前になってきている現代だからこそ、逆に新鮮に聴こえる可能性もあるのでは? ロックの歴史においては、多数のロック・オペラ作品が発表されていますので、若いファンの方々はいろいろとチャレンジしてみてください。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015