リサーチ

UKのレコード・レーベル“4AD”とは?

2007/02/02掲載
はてなブックマークに追加
UKインディ・シーンの“良心”とも言うべきレーベル、4AD。バウハウスやコクトー・ツインズらゴシック色の強い英国バンドと、ピクシーズやスローイング・ミュージズなど米国グランジ/オルタナティヴの先駆者が共存しながら、レーベル・カラーが守られている稀有なレーベルです。再結成ピクシーズ・ドキュメンタリー映画『ラウド・クワイエット・ラウド』日本公開を機に、この名門レーベルについてCDJournal.com的考察をまとめてみました。
UKのレコード・レーベル“4AD”とは?
 4ADの親レーベルは、UKパンク・ムーヴメントとともに産声をあげ、ニューウェイヴとともに育ち、現在でもコンスタントにアーティストを発掘している“ベガーズ・バンケット”。リスナーと変わらぬニッチな視点を持ちながら、きっちりとビジネスとしても成功している世界的にも数少ないインディ・レーベルです。

 4ADはベガーズ・オーナーが所有していたレコード店のスタッフ、アイヴォ・ワッツ=ラッセルが設立したベガーズ傘下第一弾レーベルで、彼の趣味が強く打ち出された所属アーティスト……バウハウスニック・ケイヴバースデイ・パーティコクトー・ツインズデッド・カン・ダンスといった、音楽的にもヴィジュアル的にもゴシックな、耽美でポエティックなイメージが強いアーティストが所属し、同じインディ・レーベルであるラフ・トレードやファクトリーらと並んでその名を轟かせました。(写真左は4AD第一弾のリリースだったバウハウス『暗闇の天使』)

 4ADに大きな転換期が訪れたのは87年。ニューウェイヴが徐々に衰退していく中でM/A/R/R/S(4AD所属のインディ・ポップ/オルタナティヴ・ダンス・ユニットA R Kaneとエレクトロ・ユニットColourboxによる限定ユニット)の「Pump up the Volume」(写真右)がUKチャート1位を獲得。インディ・レーベルによるセールス的成功という意味でも大きいものですが、後に巻き起こるレイヴ・ムーヴメントの到来を高らかに予言し、世界中のダンス/エレクトリカル・ミュージックに革命を呼び起こしたという意味でまさに歴史を変えたスマッシュ・ヒットとなりました。
 さらに、同時期にレーベル初となるUSバンド、スローイング・ミュージズと契約したことを機にピクシーズラッシュベリー(スローイング・ミュージズのメンバー在籍)といったUSオルタナティヴ・バンドの中でも特に繊細さと狂気の美しさが備わったギター・サウンドが特徴のバンドと契約し、文字通りUK/USでそれぞれ起こる大きなムーヴメントの先鞭となりました。ちなみに4ADというレーベル名は“1980FORWARD”という言葉をどんどん置き換えて省略し198 4AD→4ADと表記したことが由来だそうですよ。(写真はピクシーズ『サーファーローザ』)

 バウハウス、M/A/R/R/S、そしてピクシーズ。4ADを象徴する彼らはそれぞれがまったくカラーの違う個性的なアーティスト。4ADのアーティストに唯一共通していることは、最先端のシーンから生まれ成長したインディ・アーティストであり、成功を手にした後もその姿勢を変えずに活動を続けていることでしょうか。

 ベガーズ・バンケットは新たに“ベガーズ・ジャパン”を設立し、昨年7月のトム・ヨーク『ジ・イレイザー』を第一弾に日本盤リリースをスタート。プロディジーでおなじみの“XL Recordings”、“Too Pure”(PJハーヴェイステレオラブほか在籍)、そして4ADのタイトルを今後日本盤としてリリースします。さらに、今年の夏にはレア音源を収録予定のピクシーズ最強ベスト盤が登場する予定だとか。詳細はベガーズ・ジャパン公式サイトで発表されるとのこと。もちろんCDJournal.comでも追ってご紹介いたしますので、お楽しみに!
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015