リサーチ

あの名ドラマーでお馴染みの名曲が焼きそばのCMに?

2007/02/23掲載
はてなブックマークに追加
 ハード・ロック界の名ドラマーとして名高い、故コージー・パウエルの曲が焼きそばのCMに使われているというのはホントですか!?
 本当です。が、正確に言うと“コージー・パウエルの曲”ではなく、チャイコフスキーの「序曲1812年」です。これはマルちゃんのカップ焼きそば「昔ながらのソース焼きそば」の新作CMで、タレントの眞鍋かをりがリポーターに扮して出演しています。この「序曲1812年」は、ロシア人であるチャイコフスキーが、1812年に起こった“ナポレオンのロシア遠征”を題材に作曲したもの。さまざまなオーケストラによる多数のCDが存在し、最近では『クラシック・ベスト200』のような入門編コンピレーションにも収録されています。そして、古くからのロック・ファンにこの「〜1812年」を知らしめたのが、ジェフ・ベック・グループレインボーなどで活躍した名ドラマー、故コージー・パウエルです。

 彼は無名時代からこの曲に合わせてドラム・ソロを披露しており、今回のCMで使用されている箇所はそのクライマックスに当たる部分でした。スタジオ・ヴァージョンとしては彼の1stソロ・アルバム『オーヴァー・ザ・トップ』(79年)のタイトル・トラックに組み込む形で残されていますが(写真の『ヴェリー・ベスト・オブ・コージー・パウエル』にも収録)、やはりその演奏はライヴ、それも目で楽しみたいもの。これまで公式の映像はあまりお目にかかれませんでしたが、2005年にリリースされたレインボーのライヴDVD『Ritchie Blackmore's RAINBOW Live In Munich 1977』で、その全貌を楽しむことができます。手数・足数の多さ、髪を振り乱して叩きまくる様は圧巻の一言です。

■CMの視聴も可能な「マルちゃん 焼そば カップ焼そば」の公式HPはコチラ
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
[インタビュー] 私が全て入ってるもの――声優・尾崎由香、ソロ・デビュー・シングル「LET[インタビュー] 何かの拍子に全米が泣いてくれたらいいなって(笑)――Calmが活動21年目の新作『by Your Side』をリリース
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015