リサーチ

あの名ドラマーでお馴染みの名曲が焼きそばのCMに?

2007/02/23掲載
はてなブックマークに追加
 ハード・ロック界の名ドラマーとして名高い、故コージー・パウエルの曲が焼きそばのCMに使われているというのはホントですか!?
 本当です。が、正確に言うと“コージー・パウエルの曲”ではなく、チャイコフスキーの「序曲1812年」です。これはマルちゃんのカップ焼きそば「昔ながらのソース焼きそば」の新作CMで、タレントの眞鍋かをりがリポーターに扮して出演しています。この「序曲1812年」は、ロシア人であるチャイコフスキーが、1812年に起こった“ナポレオンのロシア遠征”を題材に作曲したもの。さまざまなオーケストラによる多数のCDが存在し、最近では『クラシック・ベスト200』のような入門編コンピレーションにも収録されています。そして、古くからのロック・ファンにこの「〜1812年」を知らしめたのが、ジェフ・ベック・グループレインボーなどで活躍した名ドラマー、故コージー・パウエルです。

 彼は無名時代からこの曲に合わせてドラム・ソロを披露しており、今回のCMで使用されている箇所はそのクライマックスに当たる部分でした。スタジオ・ヴァージョンとしては彼の1stソロ・アルバム『オーヴァー・ザ・トップ』(79年)のタイトル・トラックに組み込む形で残されていますが(写真の『ヴェリー・ベスト・オブ・コージー・パウエル』にも収録)、やはりその演奏はライヴ、それも目で楽しみたいもの。これまで公式の映像はあまりお目にかかれませんでしたが、2005年にリリースされたレインボーのライヴDVD『Ritchie Blackmore's RAINBOW Live In Munich 1977』で、その全貌を楽しむことができます。手数・足数の多さ、髪を振り乱して叩きまくる様は圧巻の一言です。

■CMの視聴も可能な「マルちゃん 焼そば カップ焼そば」の公式HPはコチラ
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015