リサーチ

映画「ゾンビランド: ダブルタップ」の予告編で流れる曲は?

2019/09/25掲載
はてなブックマークに追加
映画「ゾンビランド: ダブルタップ」の予告編で流れる曲について教えてください。
 2010年に公開された『ゾンビランド』の続編となる映画「ゾンビランド: ダブルタップ」が、2019年11月22日(金)より全国ロードショー。封切に先駆け、予告編が公開されています。

 32のルールや持ち前のバイタリティで、ゾンビとの戦いを生き抜いてきた男女4人組の旅を描いた前作。その10年後の世界を舞台にした本作では、さらにパワーアップさせた73のルールで、武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒しながら生き抜く姿が描かれています。前作に引き続き『ヴェノム』のルーベン・フライシャーがメガフォンをとり、『デッドプール』のレット・リースとポール・ワーニックが脚本を担当。メイン・キャストとして、前作に出演したジェシー・アイゼンバーグウディ・ハレルソンエマ・ストーンアビゲイル・ブレスリンの4人が再集結しています。

 予告編で使用されている楽曲は、米コンプトン生まれのラッパー、アイス・キューブの「Click, Clack - Get Back!」と、豪シドニー出身のモンスター・ロック・バンド、AC/DCの「Shoot to Thrill」。「Click, Clack - Get Back!」はアイス・キューブが2006年8月に発売した7thアルバム『ラフ・ナウ、クライ・レイター』に収録されています。また、映画『アイアンマン2』の主題歌でもある「Shoot to Thrill」は、AC/DCが2010年4月に発売したサウンドトラック『アイアンマン2』(写真)や6thアルバム『バック・イン・ブラック』などに収録されています。

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章
[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015