リサーチ

ボストン美術館展のCMで流れる声の主は?

鈴村健一   2022/08/03掲載
はてなブックマークに追加
TVでボストン美術館展のCMが流れてきたのですが、そのナレーションをしている人が知りたいです。
 エジプト、ヨーロッパ、インド、中国、日本などさまざまな地域で生み出された約60点の作品をとおして、力とともにあった芸術の歴史を振り返ることをコンセプトにした「ボストン美術館展 芸術×力」が、2022年7月23日(土)より10月2日(日)まで東京・上野の東京都美術館にて開催。それに併せて、TV-CMがオンエアされています。

 このTV-CMでナレーションを務めているのは、“スズ”や“スズケン”の愛称でも知られる声優の鈴村健一です。鈴村は最も印象に残る優秀な声優を選出する「声優アワード」で多くの受賞を重ねるなど、名実ともに兼ね備えたトップ声優のひとり。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のシン・アスカ役をはじめ、『銀魂』の沖田総悟役、『黒子のバスケ』の紫原敦役、『鬼滅の刃』の伊黒小芭内役、『ヒカルの碁』の伊角慎一郎役、『Free!』の御子柴百太郎役など多くの人気作のメインキャラクターを務めています。

 また、アーティストとして音楽活動も精力的に展開。2008年の「INTENTION」より2019年の「My Life Summer Life」(写真)までシングル14枚、2021年の『ぶらいと』までアルバム4枚、2017年の『NAKED MAN』までミニ・アルバム3枚、2018年にベスト・アルバム『Going my rail』を発表するほか、2022年は2月から4月まで大阪、名古屋、横浜、東京の4会場5公演を巡るツアーを開催するなど、2010年以来コンスタントにライヴ・ツアーも行なっています。

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015