リサーチ

新木優子が「レモい!」と叫ぶ「アサヒ ザレモンクラフト」のCMソングは?

スタイリスティックス(The Stylistics)   2021/10/14掲載
はてなブックマークに追加
新木優子さんが「レモい!」と言ってる「レモンクラフト」のCMで流れている曲が気になるので教えてください。
 女優やモデルとして活躍している新木優子が、缶の蓋を開けた瞬間に漂うレモンの匂いに思わず顔をゆるめ、「あ、超レモい」と発してしまうシーンが印象的な、アサヒのプレミアムクラフトチューハイ「ザ レモンクラフト」のTV-CM「この香り、衝撃(レモい!)」篇。併せて、「一口どーお?」と誘う「この香り、衝撃(一口どーお?)」篇、「試してみる?」と問いかける「新木優子が驚いた!」篇などもオンエアされています。

 このCMで流れているのは、スウィートなファルセット・ヴォイスを駆使したフィリーソウルの黒人コーラス・グループとして活躍した、ザ・スタイリスティックスの代表曲「愛がすべて」(原題:「Can't Give You Anything(But My Love)」)です。同曲は1975年にリリースされ、全英1位(年間3位)、全米R&Bチャート18位を記録。フランス、オランダ、ベルギー、アイルランドなど特にヨーロッパでチャート上位にランクインし、日本でもディスコ・ソングの定番として人気となりました。

 同曲は1975年の6枚目のアルバム『サンキュー・ベイビー』(Thank You Baby)(写真)のほか、『シングルズ 1970〜1977』や『フリー・ソウル クラシック・オブ・スタイリスティックス』といったベスト盤やコンピレーション盤にも収録されています。





※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015