特集 新録音で生まれ変わった『交響詩 ジャングル大帝』

冨田勲   2009/10/21掲載
はてなブックマークに追加
 誰もが幼い頃に親しんだテレビアニメ『ジャングル大帝』。この音楽を担当した冨田勲が1966年に発表した『交響詩 ジャングル大帝』が今年、新録音によって生まれ変わりました。本特集では、10月21日にリリースされる『交響詩 ジャングル大帝 〜白いライオンの物語〜《2009年改訂版》』の魅力と楽しみ方をスペシャル・フィーチャーします!


【作品紹介】
親子が一緒に楽しめる工夫満載
新生『交響詩 ジャングル大帝』
文/山尾敦史



作曲者自身による“2009年版オリジナル”

交響詩 ジャングル大帝 〜白いライオンの物語〜
《2009年改訂版》

CO・COZX-411〜2(HQCD+DVD)
※HQCD:2chステレオ/ナレーション入り
DVD:2chステレオ・5.1chサラウンド切替
ナレーションon・off可/静止画付き
 1965年から翌年にかけてテレビ放映されたアニメ『ジャングル大帝』。当時の少年少女たちにとっては、未知のアフリカという世界に対するイメージを決定づけた“社会科の先生”だったようにも思える。その音楽を担当したのが作曲家の冨田勲。この音楽はさらに大きな展開を見せ、1966年にはオーケストラとナレーションのための『交響詩 ジャングル大帝』としてレコード化された。もしかするとこのレコードで『ジャングル大帝』や、オーケストラ・サウンドの魅力に目覚めたという人もいるのではないだろうか。

 その交響詩ヴァージョンが、リスナーの周囲から音が聞こえてくる5.1chサラウンドというオーディオ環境を得て、ますます楽しい作品になった。しかも単に“音がよくなった”ということにとどまらず、どこからどの音が聞こえたらおもしろいか(または効果的か)、といったことも含め、冨田自身がスコアをすべて書き直したという“2009年版オリジナル”である。

楽しく、深いストーリー
 物語は、壮大なジャングルの王である白いライオンのパンジャ、そして息子であるかわいいレオが主人公。パンジャは動物狩りにやって来た人間たちと勇敢に戦うが、捕らわれてしまった妻のエライザを助けるため、自らが犠牲に。しかしエライザはアフリカからの運搬船に乗せられ、動物園へと売られることになってしまう。船上で生まれたパンジャの子であるレオは、エライザから偉大な父のことを聞き、嵐の夜に船から脱出して力強くアフリカへと泳ぎ出す。

 勇気が湧いてくるようなストーリーの中で、普遍的な愛情や夢、生きる目標、さらには人間と動物との共存までも教えてくれる作品であり、パンジャやレオはアトムにも通じる“手塚イズム”のシンボルであると言えるだろう。また、ジャングルの仲間たちや、船上でレオの誕生をダンスで祝うネズミたち、海の上で幼いレオを励ます魚など脇役たちの存在も楽しい。

ナレーションには綾戸智恵!
 『交響詩 ジャングル大帝』は、オーケストラと男声合唱によるアフリカの壮大なイメージをはじめ、ホルンで表現されるパンジャの威厳、ヴァイオリンとチェロによるエライザの母性愛、パンジャと同じくホルンで奏でられるレオの勇気など、すべてが音楽で表現されていく。さらにはハンターたちとの戦いや静かな星空の様子(チェレスタが星のきらめきを演奏)も表現され、ネズミや魚たちのかわいらしい活躍も音楽で。

 加えて今回は“紙芝居のように楽しんでほしい”という冨田自身の強い要望から、ジャズ・シンガーの綾戸智恵がおなじみの関西弁でナレーションを担当している。


※下の画像(3枚)をクリックすると大きな画像が表示されます。


クリックすると大きな画像が表示されます
「パンジャの死」のシーン。本作品のブックレットは、LP制作当時に手塚治虫が書き下ろしたイラストと、ストーリー紹介、各楽器の解説と楽譜まで掲載された大充実の内容。


クリックすると大きな画像が表示されます
「エライザの話」のシーン。“エライザを表わすのはチェロの音色で奏でられるこのモティーフ”というように、登場する動物ごとに各楽器が“配役”されている。


クリックすると大きな画像が表示されます
「ゆかいな魚たち」のシーン。トロンボーンの音色が魚たちを表わす。トロンボーンに付けられたミュートの種類が解説され、オーケストラ楽器の勉強にもなる。


※画像はすべて『交響詩 ジャングル大帝 〜白いライオンの物語〜《2009年改訂版》』ブックレットの抜粋です。



オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015